アニメ
ゲーム

『火口のふたり』英題の決め手は、映画秘宝だった!映画芸術・荒井晴彦編集長VS映画秘宝・岩田和明編集長と初の対談実現!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



【イントロダクション】

直木賞作家・白石一文 初の映画化
身体の言い分に身を委ねる、男と女を描く<R18>衝撃作
原作は直木賞作家・白石一文氏による「火口のふたり」。二〇〇九年「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」で山本周五郎賞、一〇年「ほかならぬ人へ」で直木賞を受賞し、絶大な支持を得る著者の初の映画化となる。
主演を務めたのは、『きみの鳥はうたえる』などなど、様々な映画で鮮烈な印象を残し第一線で活躍し続ける実力派俳優・柄本佑と、『彼女の人生は間違いじゃない』での演技が評価され、活躍の場を広げている新鋭・瀧内公美。出演者はこの2人のみ。監督はキネマ旬報脚本賞に5度輝き、数々の作品で男と女のエロティシズムを表現してきた脚本家・荒井晴彦。
抑えきれない衝動の深みにはまり、どうしても離れられないふたりの姿は「世界が終わるとき、誰と何をして過ごすか?」という究極の問いを、観る者へ突きつける。
身体の言い分に身を委ねる男と女の不確実な愛を描いた<R18>衝撃作が誕生した。

【物語】

十日後に結婚式を控えた直子は、故郷の秋田に帰省した昔の恋人・賢治と久しぶりの再会を果たす。
新しい生活のため片づけていた荷物の中から直子が取り出した1冊のアルバム。
そこには一糸纏わぬふたりの姿が、モノクロームの写真に映し出されていた。蘇ってくるのは、ただ欲望のままに生きていた青春の日々。
「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」



【以下プレスリリース文掲載】



直木賞作家・白石一文による同名小説を原作とした映画『火口のふたり』が8月23日(金)より、新宿武蔵野館ほかにて全国公開されます。結婚前に昔の恋人と再会し、抑えきれない衝動の深みにはまっていく危ういふたりを描いている本作は、未来を見据えて選んだ結婚と、本当に好きな人との恋愛、どちらが正しい選択なのか?という究極の問いを観る者へ投げかける。一方で、『寝ても覚めても』『愛がなんだ』などに続いて、“鑑賞後に語りたくなる映画”“恋愛観・人生観によって、捉え方が異なる”とSNSで話題になり、最近では“『愛がなんだ』のオトナ版”という声も多く上がっているこの夏の注目作だ。さらに、柄本佑は、この夏の大ヒット映画『アルキメデスの大戦』で、その高い演技力が再評価され、今年の賞レースにも早くも期待がかかり、一方、瀧内公美は、TBSドラマ「凪のお暇」でマウント女子・足立心役を演じ一躍注目を集めています。キネマ旬報脚本賞に5度輝き、数々の作品で男と女のエロティシズムを表現してきた脚本家・荒井晴彦が、抑えきれない衝動の深みにはまり、どうしても離れられないふたりの姿を描き出し、「世界が終わるとき、誰と何をして過ごすか?」という究極の問いを、観る者へ突きつける本作。身体の言い分に身を委ねる男と女の<R18>大人の愛の物語です。

この度、明後日8月21日(水)発売の映画秘宝2019年10月号に、本作の脚本・監督並びに30年に渡り映画芸術の編集長を務める荒井晴彦が、初登場する事が決定した。昨年大きな話題となった蓮實重彦氏の初降臨に続いて、脚本・監督作『火口のふたり』の公開に合わせ、満を持しての初降臨が実現した。誌面では、映画秘宝編集長・岩田和明氏との編集長対談を実施。毎年映画ファンを賑わす、ベスト・ワースト企画を実施する2大映画雑誌の編集長が相見えた夢の対談は、緊迫した雰囲気から始まったが、予定時間を倍以上オーバーするほどの白熱ぶりを見せた。12000字4Pにも及ぶ読み応えたっぷりの対談では、本作の創作秘話や、脚本家・荒井晴彦の作品を見続けてきた岩田氏が紐解く『火口のふたり』分析、両誌のベストテン企画、荒井編集長就任から30年を迎える「映画芸術」編集秘話まで、徹底的に語り尽くしており、映画ファンは永久保存間違いなしの特集企画となっている。

本作の脚本・監督を務めた荒井は、『赫い髪の女』(79)、『キャバレー日記』(82)など日活ロマンポルノの名作の脚本を執筆。その後も数々の日本映画の脚本を執筆し、『Wの悲劇』(84)、『リボルバー』(88)、『ヴァイブレータ』(03)、『大鹿村騒動記』(11)、『共喰い』(13)でキネマ旬報脚本賞を5回受賞した経歴を持つ。キネマ旬報脚本賞5回受賞は、『砂の器』(74)、『八甲田山』(77)などの故・橋本忍氏と同じく最多タイ記録。日本を代表する脚本家としてその名を馳せる荒井だが、97年『身も心も』、15年『この国の空』そして、本作『火口のふたり』では脚本に加え監督も務めている。また、編集長を務める「映画芸術」では、毎年話題となるベストテン・ワーストテン企画以外にも、映画の作り手ならではの評論や特集を世に送り出してきた。他誌で掲載拒否された原稿を載せた企画や、自身が脚本を務めた『KT』(02)への批判の掲載、ベストテンからのアニメ作品除外宣言など、論争を巻き起こすような企画も辞さず、独自の目線で誌面を作り続けている。

今回の対談では、荒井編集長の就任初期の「映画芸術」の知られざる制作秘話も初披露されている他、岩田氏が映芸ベスト・ワーストテン企画に切り込む場面など、話題は縦横無尽に。また、本作の英題決定の決め手となった⁉︎岩田氏の『火口のふたり』分析も必読。荒井氏は、「岩田さんとの対談を受けて色々と思案していた英題が確信に変わった」と振り返っており、岩田編集長の発言から決定に至った英題も誌面で解禁されている。臨場感あふれる白熱対談の全貌は、明後日8月21発売の映画秘宝2019年10月号に掲載。12000字4Pにも及ぶ、永久保存間違いなし夢の対談に是非ご注目ください!




出演:柄本 佑 瀧内公美
原作:白石一文「火口のふたり」(河出文庫刊)
脚本・監督:荒井晴彦
音楽:下田逸郎
製作:瀬井哲也 小西啓介 梅川治男
エグゼクティブプロデューサー:岡本東郎 森重 晃
プロデューサー:田辺隆史 行実 良
写真:野村佐紀子 絵:蜷川みほ
タイトル:町口覚
配給:ファントム・フィルム
レイティング:R18+
公式HP:http://kakounofutari-movie.jp/

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください