映画
アニメ
ゲーム

クリスチャン・ベール主演『荒野の誓い』:クリスチャン・ベールがシャイアン族の方言に挑戦映像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る





<ストーリー>
1892年アメリカ。産業革命によって辺境の地が急速に開拓地や街へと変貌を遂げつつあるニューメキシコ州。インディアン戦争の英雄で、現在は看守を務める騎兵大尉のジョー・ブロッカー(クリスチャン・ベール)は、かつて宿敵関係にあり、寿命僅かなシャイアン族の長イエロー・ホーク(ウェス・ステューディ)とその家族を、部族の所有地があるモンタナ州へ護送する任務に就く。
道中にコマンチ族の殺戮により家族を失ったトラウマを持つロザリー・クウェイド(ロザムンド・パイク)と出会い、彼女もこの一触即発の旅に加わることに。一行は厳しい辺境地をなんとか乗り越え、1,000マイルほど移動した頃、遂にお互いの協力なしでは生きていけない状況に陥ってしまう。果たして彼らは敵意と恐怖心を押し殺し、手を取り合い、目的地まで辿り着くことができるのだろうか。



【以下プレスリリース文掲載】


クリスチャン・ベール主演、ロザムンド・パイク、ウェス・ステューディ共演の映画『荒野の誓い』が9月6日(金)から全国公開いたします。
『ブラック・スキャンダル』、『ファーナス/訣別の朝』のスコット・クーパーがメガホンを取った本作の舞台は 1892 年のアメリカ、産業革命によって急激な変化を遂げつつある西部の開拓地。インディアンとの戦争で武勲を上げた英雄で、刑務所の看守を務めている騎兵隊大尉ジョーは、かつての宿敵で、ここに服役しているシャイアン族の長イエロー・ホークとその家族を部族の居留地へと送り返す任務を命じられる。イエロー・ホークはガンに冒され、余命わずか。アメリカ・インディアンを今も憎んでいるジョーは嫌々ながら、このミッションを引き受けた。
ニューメキシコからコロラド、そしてモンタナへ。コマンチ族の蛮行によって家族を殺された女性ロザリーも加わり、一行は北を目指す。行く手に待ち受けるのは、ならず者たちの相次ぐ急襲。危険に満ちた旅をとおして、ジョーは気づく。イエロー・ホークと協力しないことには、生きてはいけない状況に置かれていることを……。

ドラマ、演出、演技、映像がハイレベルのクオリティで噛み合い、奇跡の逸品へと昇華した本作は、『悪党に粛清を』『ある決闘セントヘレナの掟』に続く、ウェスタン・ノワールの第 3 弾。魂を揺さぶらずにおかない令和最初の傑作です。
本作でアメリカ先住民を描くことにおいて、真実性と深みを持たせるためクーパー監督は映画監督であるクリス・エアーや、学者のジョエリー・プラウドフィット博士と連携し、先住民の描写において映画やテレビのクリエイターたちに正確性を促す情報源と繋げる役割を担っている彼らの組織である、ザ・ネイティブ・ネットワーカーズに協力を仰いだ。彼らは現場にシャイアン族のコンサルタントであるフィリップ・ホワイトマン酋長を招待し、はじめはシャイアン族の方言を発することに悪戦苦闘したベールと密接に連携。
ベールは「本当に難しいんだ。でも素晴らしいよ。その言語を正確に話すことによって、少しだけシャイアン族の信念体系も理解できたんだ。不可能なように思えたから驚いたけど、それにはそういう自然な流れがあったんだ。」と明かしています。



彼らの協力によってクリスチャン・ベールが習得したシャイアン族の方言で会話する映像をこの度解禁いたします。




出演:クリスチャン・ベール、ロザムンド・パイク、ウェス・ステューディ、ベン・フォスター、ティモシー・シャラメ
監督・脚本・製作:スコット・クーパー(『ブラック・スキャンダル』『ファーナス 訣別の朝』『クレイジー・ハート』)
撮影:マサノブ・タカヤナギ(『スポットライト 世紀のスクープ』)
2017/アメリカ/135分/英語・シャイアン/シネマスコープ/DCP5.1ch/原題:HOSTILES
配給:クロックワークス/ STAR CHANNEL MOVIES 提供:東北新社 © 2017 YLK Distribution LLC. All rights reserved.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください