映画
アニメ
ゲーム

『ダンスウィズミー』矢口史靖映画『ウォーターボーイズ』、『スウィングガールズ』をオールナイト上映&トークショーイベント実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




<ストーリー>
子どもの頃から何よりミュージカルが嫌いな静香。催眠術のせいで、突然、音楽が聞こえるたびに歌い踊り出すカラダになってしまった!所かまわず歌い踊るせいで日常がメチャメチャに!
術を解くため日本中を奔走するが、裏がありそうな5人のクセ者たちと、さらなるトラブルが!恋も仕事も失った静香を待つ、ハチャメチャな運命とは?果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか!? 旅の終わりに彼女が見つけた大切なものとは?





【以下プレスリリース文掲載】

8/16(金)の日本公開に先んじて世界の映画祭で上映され、上海国際映画祭正式上映、トロント日本映画祭で “特別監督賞”と“観客賞”をW受賞、モントリオールファンタジア国際映画祭でも“観客賞”を受賞し、世界中から注目されている矢口監督最新作『ダンスウィズミー』。

『ウォーターボーイズ』『ハッピーフライト』の矢口監督が構想16年、「ミュージカルって突然歌い踊り出すなんてヤバくない?」をテーマにしたかつてないコメディ・ミュージカルがついに日本公開間近!

海外映画祭からの「こんなミュージカル観たことない!今まで誰も思いつかなかったミュージカル!」(トロント日本映画祭 プログラミングディレクター)「まったく新しいアプローチで、笑いに溢れた素晴らしいエンターテイメント!!」(上海国際映画祭 プログラミングディレクター)との声や、国内の試写会でいち早く見た日本の観客からの「面白すぎ、ただ面白いだけじゃない。何も考えずに歌い踊りたくなる!」「半端ない驚きと感動と隣の人と手を繋ぎ踊りたくなる歌いたくなる面白さ!」「予想外のストーリーでめちゃくちゃ面白い!場内が笑いで溢れていた!」の声がSNS上で飛び交い、最高に笑えるコメディ・ミュージカルとして早くも話題になっている本作。さらに、異例なことに、なんと日本公開を待たずして、世界中からリメイク&公開のオファーも殺到している!

妻夫木聡、上野樹里、綾瀬はるか等をスターダムに押し上げた矢口監督が日本中のオーディションからヒロイン・静香に抜擢したのは、今最も輝く若手女優でモデルの三吉彩花。静香が出あうワケありのクセものたち=“こズルい調査員の渡辺”を今最も注目される俳優のムロツヨシが、“お金とイケメンに弱いフリーターの千絵”を本作で本格的に女優に挑戦したやしろ優が、“ワケありストリートミュージシャンの洋子”を本作で女優デビューを飾るchayが、“嘘くさい先輩エリート社員の村上”をミュージカル映画初挑戦の三浦貴大が、“インチキ催眠術師のマーチン上田”をミュージカル俳優のレジェンドである宝田明がユーモア全開で演じることも話題に。

ある日突然、催眠術のせいで音楽を聞くと勝手にカラダがミュージカルしてしまう状況に陥ったミュージカルが何よりも大嫌いな静香。しかし、街に溢れる音楽に反応してしまい、踊れば踊るほど先が読めない予測不能な展開に!

本格トレーニングを重ねてキャスト自らが吹替なしで挑んだミュージカルシーンと予測不能なストーリー、ハッピーな名曲に彩られた最高に笑える、かつてないコメディ・ミュージカルがこの夏を熱くする!


『ウォーターボーイズ』、『スウィングガールズ』の出演メンバーが登場で、会場大盛り上がり!矢口史靖監督も、人気作の制作秘話を、次々と明かす

93年に『裸足のピクニック』で劇場映画監督デビューしてから、8月16日公開の三吉彩花主演『ダンスウィズミー』で、10本目となる矢口史靖監督。すべては観客に楽しんでもらうため!をモットーに、自らリサーチし、脚本を書き、絵コンテを切る。映画作りにかける細かなこだわりは数知れず、その中でもほとんどの映画で共通して言えるのは、主要キャストをオーディションで発掘すること。『ウォーターボーイズ』の妻夫木聡や『スウィングガールズ』の上野樹里、『ハッピーフライト』の綾瀬はるかなど、いまでは大スターとなった俳優たちをオーディションで見つけ出し、スターダムに押し上げている。

いまや矢口映画という確固たるジャンルとして映画ファンから新作を待ち望まれているが、その魅力は矢口ならではの唯一無二の着眼点がひとつ挙げられる。それを側で支えて共に『ウォーター〜』『スウィング〜』『ハッピー〜』そして『ダンス〜』を作ってきたプロデューサーの関口は〜矢口映画には、監督の細かなこだわりがたくさん詰まっている。矢口監督と共にオールナイト上映に参加した、『ウォーターボーイズ』、『スウィングガールズ』、『ハッピーフライト』、そして『ダンスウィズミー』でプロデューサーを務める関口大輔は「矢口監督とは、『ウォーターボーイズ』、『スウィングガールズ』、『ハッピーフライト』、そして今回久しぶりご一緒している『ダンスウィズミー』で4作品目となっています。まだ公開前ですが、とても面白い自信作が今回も出来た

と思っています」と話し、矢口も最新作『ダンスウィズミー』に関して「もともとミュージカルは好きで観ていました。好きで観ている割には、ずっと文句を言っていたりと、ちょっと面倒臭いファンでした。急に歌ったり踊ったりするのがおかしいと、言いながらずっと観続けていて、ダンスシーンや歌のシーンはすごい好きな割に、ドラマの部分からミュージカルシーンに、またミュージカルシーンからドラマに戻るということを劇中で行われていても、他のキャラクター達は、その歌ったり踊ったりしていたキャラクターにツッコミもしない。おかしかったですよ、って誰も言わない、それが面白さなんだとは思いますが、ただ『ダンスウィズミー』に関しては、歌った人に対して、キミおかしいよと、はっきり言ってしまおうと。不審者扱いしてしまおうとコンセプトでした。決してミュージカルを斜めに見てる、バカにしているということではなく、僕自身はミュージカルが大好きなので、ミュージカル愛をどういうかたちで映画化したらいいか悩んできて、結果的に『ダンスウィズミー』の形になりました。ミュージカル好きの人が観ても、嫌いな人が観ても、どっちも楽しめる作品になっていると思います。主人公がなぜこんなことになっているのか、そのキーマンを演じているのが宝田さんで、宝田さんなしにはこの映画は成立しなかったと思います」と話し、関口も「この映画の企画を最初監督から頂いたときに、なかなか大胆な企画だなと思いました。ミュージカルを日本でヒットさせるには大変だと思ったのですが、きっと矢口さんならできるだろうと思いました」と信頼を寄せた。



















またヒロイン静香にミュージカル体質になる催眠術をかけるインチキ催眠術師マーチン上田の役は初めから宝田明をキャスティングしようとしていたと話し、それについて矢口は「まず僕は宝田さんに伝えていないことがあります。過去の出演作は観ているんですが、宝田さんが一番歌って踊っていたころの作品はほとんど知らないんです。実をいうと僕がリアルに劇場で体験したのは、ディズニーアニメーションの『アラジン』が最初で、ジャファーの声をやれていたのが宝田さんだったんです。歌とセリフを両方やられていて、その役がものすごく面白い、ちょっとエッチでいかがわしくて、でもなんかすごく怖い、そういうジャファーがすごく印象に残ってまして、ジャファーとマーチン上田がすごく近しいところがあって、すぐに浮かんだのが、宝田さんでした」とキャスティングの理由を明かした。

すると宝田は「最初断ろうかと思いました」と会場を笑わせつつ、「冗談ですよ。僕は久しぶりの映画なので、嬉しく思いました。なんで私に白羽の矢を立ててくれたのか、きっと魔が差して、私の名前が出てきたのかなと思いました(笑)過去の監督の作品『ウォーターボーイズ』、『スウィングガールズ』も拝見させて頂いてまして、こういう面白い映画を作る監督なんだ、と思いましたし、こういう監督が今後の日本映画を背負って立つ監督になるのだな、と思いました」と監督について語った。

そして、世界中で大絶賛を浴びる最新作『ダンスウィズミー』の会場限定メイキング映像が流れると、客席からは「おー」や「すごい」などの感嘆の声が聞こえ、今までになかったコメディ・ミュージカル映画を完成させるまでの一端を知れた喜びに会場内が溢れました。

矢口はメイキング映像内で三吉の頬にキスをしていた宝田について「この後もっとすごいんですよ。宝田さんはこの後、やしろさんを抱きかかえて、唇を奪ってしまったんです!」と明かすと、会場からは笑いが起こり、宝田も「監督は過剰な演技になりそうなところを御してくださるので」というと矢口は「いや…R指定になっても困るので。でも85歳で歌って踊ることができるなんて、人にはできない年齢ですけど、さすが宝田さんでしたね」と話し、さらに会場を盛り上げた。

最後に宝田は「ここにいらっしゃる方は矢口監督の信奉者だと思いますので、こうやって舞台挨拶に立たせて頂くと皆さんの矢口監督に対する思いや熱い心を感じることができ、監督にとっては幸せなことだと思います。これだけ熱量の高い方たちに作品を観てもらえるのは嬉しいことです。監督の代わりに父親のつもりでお礼を申し上げます」と第1部を締めました。

第2部では『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』のキャストがずらっと並び、この限定のメイキング映像を観るなどし大盛り上がり。ここではなんと、先日行われた世界水泳で日本初のアーティスティックスイミングの混合デュエット・テクニカルルーティンで銅メダルを獲得した安部篤史から、矢口監督へサプライズのコメントが寄せられた。安部は、ドラマ版の「ウォーターボーイズ」に出演しており、またそもそもシンクロを始めたきっかけが『ウォーターボーイズ』を観たからという、筋金入りのホンモノのウォーターボーイズだ。出演者の一人が「安部くんが銅メダルを獲れたのも矢口監督のおかげですね」と話すと、矢口は「映画ってとんでもないですね!ウォーターボーイズは川越高校の子たちがメンバーとなって実際に映画にも出演していて、たぶんその子たちがすごかったんじゃないですかね」と恐縮した。

安部は「私は矢口監督の作品に出会い人生が変わりました。また、たくさんの夢をみて、たくさんの夢を叶えさせてもらいました。楽しい時も嬉しい時も、苦しい時もツライ時もあり、決してバラ色の人生ではありませんでしたが、夢に向かって進んでいく人生にとても生きがいを感じております。これからも夢への追及の人生を突き進んでいこうと思います。そう思わせてくださった矢口監督、そして『ウォーターボーイズ』に心から感謝しております」と熱いコメントを寄せた。

またこの日会場に詰め掛けたたくさん熱狂的な矢口ファンは、監督の話やゲストの話に目をキラキラさせながら頷き、興味津々に耳を傾けていた。

さらにロビーでは『ウォーターボーイズ』、『スウィングガールズ』のオリジナルメンバーも参戦して、即席のライブが!!映画ゆかりの「学園天国」や「L-O-V-E」を矢口と出演者で歌い大盛り上がり!!またSAXを持って登場した矢口は、即興でジャズの名曲「茶色の小瓶」を演奏し、ファンから大歓声を浴び、そして最後には宝田も加わり『ダンスウィズミー』の劇中曲、「タイムマシンにおねがい」を全員で大合唱し、大盛り上がりのオールナイト上映となった。









◆タイトル:『ダンスウィズミー』
◆公開表記:8 月16 日(金) 全国ロードショー
◆配給クレジット:ワーナー・ブラザース映画
◆コピーライト:(C)2019 映画「ダンスウィズミー」製作委員会

原作・脚本・監督:矢口史靖(『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』)

出演:三吉彩花 やしろ優 chay 三浦貴大・ムロツヨシ 宝田明

企画・制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:dancewithme.jp
公式ツイッター:dancewithmefilm #ダンスウィズミー
(C)2019「ダンスウィズミー」製作委員会

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください