映画

レビューサイト「ロッテントマト」で驚異の97%!!大人のアニメ『エセルとアーネスト ふたりの物語』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

優しい涙があふれる!大人のための感動アニメーション映画
ケン・ローチ、マイク・リーを生んだ英国から生まれた新たな傑作!

「スノーマン」「風が吹くとき」の原作者レイモンド・ブリッグズが、自分の両親の人生を描いた感動作。1928年、ロンドンを舞台に楽天的で陽気な牛乳配達のアーネストと生真面目で働き者のメイドのエセルが恋に落ち、結婚、出産、第二次世界大戦、そして戦後の経済発展を経て、ふたりが世を去る1971年までを描いた大人のためのアニメーション作品です。

ポール・マッカートニーがエンディング曲を書き下ろし

めったに映画のために書き下ろしをしないポール・マッカートニーが、原作者ブリッグズの大ファンだということで、特別にエンディング曲を書き下ろし。自分の母親への想いを込めた曲で、もちろん自ら歌い演奏している。ちなみに映画の中にはポールの父親の曲も使われている。

懐かしの手回し脱水機や黒電話etc、アニメでつづる市井の暮らしの20世紀史。

手回し式の脱水機やブラウン管テレビ、ダイヤル式の黒電話、1920年代から1970年代までの当時のイギリス・ファッションなどに見る時代の変化。またヒトラーの台頭、第二次大戦、戦後の若者文化の到来、月面着陸なども描かれ、エセルとアーネストの暮らしを通して描かれた市井の人々の20世紀史になっています。本作のプロデューサーは「すでに今はないもの、ひとりの人間が時代の変化の中で生きる姿を描くために、アニメーションこそ素晴らしい手法である」と語っています。

「スノーマン」、「風が吹くとき」の絵本作家レイモンド・ブリッグズが、両親の愛おしい人生と、その死をも見つめた英国ブックアワード受賞作。

幼いころに誰もが心奪われた「スノーマン」の著者であり、核戦争の恐ろしさを描いた名作アニメーション映画「風が吹くとき」の原作者であるイギリスの絵本作家レイモンド・ブリッグズ。自身の両親の人生をあたたかくも冷静に見つめて描いた英国ブックアワードを受賞した「エセルとアーネスト」が原作。ブリッグズの作品には子供向け作品でも「死」の存在があると言われますが、本作ではさらに深く両親の死を見つめます。

英国を代表する名優が揃った豪華声優陣

声のキャストは、カンヌ国際映画祭女優賞受賞のブレンダ・ブレッシン(『秘密と嘘』『つぐない』)、アカデミー賞俳優のジム・ブロードベント(『アイリス』『パディントン』)という豪華俳優陣。

絵本のタッチを再現するために開発した新技術による手描きアニメーションは必見!

TVPaintというアニメーションソフトウェアを使い、紙の上に手書きするのと同じように、PCスクリーンに直接描き、情緒ある手描きアニメーションを実現。

企画を立ち上げたのは伝説の『イエロー・サブマリン』のプロデューサー。
本作の企画はアニメーション界の伝説であるビートルズの『イエロー・サブマリン』を作ったプロデューサー、ジョン・コーツ。惜しくも完成を見ることなく亡くなったが、本作にはコーツの革新性がスピリットとして生きています。

岩波ホール初の*2Dアニメーション!

昨年に創立50周年を迎えた老舗ミニシアターの岩波ホール。世界中の名作を上映する岩波ホールが「当館のラインナップにぴったり」と、長い歴史で初の2Dアニメーション上映へと踏み切った。(*人形アニメーション作品として川本喜八郎監督『死者の書』(2006年)上映有り)

『この世界の片隅に』片渕監督、絵本編集者の末盛千枝子さん、ピーター・バラカンさん大絶賛!

『この世界の片隅に』のすずさんたちと同じ頃、別の国に住んでいた夫婦のお話です。戦時中に布が足らなければ、「だからスカートは短くしましょう」と反対のことをやっていたり。違うところも、でも、同じところも。世界のもうひとつの片隅が見えました。——片渕須直(アニメーション監督『この世界の片隅に』)

あれだけの絵本作家が、自分の両親のごく平凡な庶民の人生をこのように描き切ったということに感動しました。——末盛千枝子(絵本編集者)

とても素敵な映画でした。淡々と描いているけど、親への愛情が漂っています。だからイギリスのちょっと昔の話であっても、日本人が見ても共感できると思います。——ピーター・バラカン(ブロードキャスター)

ふつうの人生が、淡々とリアルに描かれていく。絵も心も、しみじみと美しい「文学」である。何度も涙が出た。——林望(作家)

Paul Williams ポール・ウィリアムズ

1976年イギリス生まれ。2003年からアニメーターを務め、イギリス、ドイツ、フランス、ルクセンブルグ、スペインなど各国の長編アニメーションに参加。主な作品に『イリュージョニスト』、『レッドタートル ある島の物語』、『コングレス未来学会議』、2018年アヌシ―国際アニメーション映画祭で、最高賞を受賞したデニス・ドゥ監督の『フナン(未)』などがある。2018年4月より日本在住。

==================

※京都アニメーションで7月18日に発生した事件について、本作のプロデューサーで今年3月に来日したカミーラ・ディーキンよりメッセージがありました。

We were all really sorry to hear about the terrible tragedy that happened at the Kyoto animation studio. All our thoughts are with the animators who lost their lives or were injured in the fire. What a sad day.
With all best wishes
Camilla

==================

監督:ロジャー・メインウッド 
原作:レイモンド・ブリッグズ(バベルプレス刊)
音楽:カール・デイヴィス 
エンディング曲:ポール・マッカートニー 
声の出演:ブレンダ・ブレッシン/ジム・ブロードベント/ルーク・トレッダウェイ

原題:Ethel & Ernest  
2016年/94分/カラー/ドルビー・デジタル/ヴィスタサイズ/イギリス・ルクセンブルク/日本語字幕:斎藤敦子/後援:ブリティッシュ・カウンシル

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください