映画
ゲーム

いよいよ本日11日より公開!川口敬一郎監督最新作『こわれかけのオルゴール 劇場版』ちょっとアットホームな完成披露試写会レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



9月6日、都内の某所で9月11日より公開となる『こわれかけのオルゴール 劇場版』の完成披露試写会が開催されました。



『こわれかけのオルゴール』は心に傷を負った青年と、彼に拾われたアンドロイド=ペアレンツの「ふらわー」が過ごす一夏を切なく、感動的に描いたアニメーション作品。
2009年末に自主制作アニメーションとして発売され、その並はずれたクオリティーとストーリーの高さで各界に衝撃を与え、発売後も収まることを知らぬファンの熱い声援を受け、新たな描き起こしカットとOVAが追加され『こわれかけのオルゴール 劇場版』として劇場公開が決定した異色作。監督は「絶対可憐チルドレン」、「ハヤテのごとく!」、そして先日制作が発表された「迷elleオトコノ娘」の川口敬一郎、そしてキャラクター原案を「もえたん」シリーズのキャラクターデザインや同人サークル「ElectromagneticWave」で活躍中のPOPが担当するなど、ファンの間では話題を呼んでいる作品です。



『こわれかけのオルゴール 劇場版』ストーリー
時は近未来アンドロイド(ペアレンツ)が開発され、各上流家庭に置かれる中、夢を失った少年、ケイイチロウは偶然置き捨てられたペアレンツ「ふらわー」と出会う。
ケイイチロウはふらわーを家に連れて帰り、面倒を見ることになるのだが・・・。夢を失った青年、ケイイチロウはふらわーと共に歩み、自分を取り戻せるのだろうか、ふらわーはケイイチロウに何を与えてくれるのか・・・。一夏の、淡く、切ない物語が、今始まる・・・。




川口監督、POPさんのコメント



–大きなスクリーンで観た感想はいかがでしたか?



川口監督「この作品は、もう2年以上かかって作っているので、あまりにも何度も観過ぎたんですけれども、今、大画面で観ていたら、ちょっと感動してしまいました(笑)
舞台が荻窪で、実は敬一郎の家というのが、前に自分が住んでいた家だったりするので、そのへんが懐かしいと思ってしまいました。 」



POPさん
「大きい画面で観ると全然違いますね。背景を今回綺麗にやっていただいたので、細かいところまでよく見れて、TVのモニターで観るのとは全然違いました。」



–昨年発売されたDVD版は割とコアなファンの方に観ていただいているかと思いますが、今回の劇場版ではどのような方に観ていただきたいですか。



川口監督「キャラクターがいわゆる萌えっぽい感じなのかな~と思われがちですけど、割とちゃんと作っています(笑) なので、いろんな人たちに観ていただきたいですね。」



POPさん
「「見た目とは中身が違う」というご意見をけっこういただいています。すごくいいお話しなので、もっと一般の方に観ていただきたいというにと、私個人としては、もっと女性に観ていただきたいと思っていますので、女性の方の意見を聞きたいなと思います。」



–今回の劇場版の見所をお聞かせください。



川口監督「今回、劇場公開版ということで追加カットとか、音響関係をだいぶ劇場仕様に変えていまして、スクリーンで観るときによさそうな感じにしています。そのあたりが劇場版っぽいかなと思っています。」



POPさん「是非、ふらわーの”健気さ”みたいなところを、是非観ていただけたらと思います。」



『こわれかけのオルゴール 劇場版』はいよいよ9月11日より公開です!パッと見、”萌えアニメ”のように見えますが、純粋に優れたドラマ作品です。少しでも興味が湧いた方は、是非この機会に映画館でご覧ください!



『こわれかけのオルゴール 劇場版』
2010年9月11日(土)池袋テアトルダイヤ
9月18日(土)テアトル梅田



<スタッフ>
監督 川口敬一郎 
プロデューサー 福永 収、丸山俊平、平井憲一
キャラクター原案 POP
構成・脚本 猪爪慎一
キャラクターデザイン 西尾公伯
主題歌/『こわれかけのオルゴール』(歌/佐藤ひろ美)
アニメーション制作 アクタス
製作 ElectromagneticWave
CAST 浅野真澄、柿原徹也、井口裕香、中尾衣里、浅沼晋太郎、他
[公式サイト]  
(C) ElectromagneticWave
 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください