アニメ

『五億円のじんせい』 本編映像 場面写真解禁! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

GYAOとアミューズがオーディションによりオリジナル映画を作るプロジェクト「NEW CINEMA PROJECT」。
約400本の中から見事グランプリを受賞した脚本の蛭田直美と文晟豪(ムン・ソンホ)監督のコンビによる『五億円のじんせい』が7月20日(土)よりユーロスペース他にて公開。本日公開に先駆けて本編映像の一部を解禁した。

【以下プレスリリース文】

意の募金五億円により心臓手術に成功し、命を救われた少年、高月望来。
17歳になり五億円にふさわしい自分かどうか悩んでいた望来は、とある出来事をきっかけにSNSで自殺を宣言したところ、見知らぬアカウントから「死ぬなら五億円返してから死ね」というメッセージが届く。
夏休み、望来は家を飛び出し、五億円の“借金”を返して自由になるための旅に出る。
そして、様々な人と出会い、事件に巻き込まれながら、思わぬ発見が彼を待っていたーー。

主人公に抜擢されたのは、撮影時に役柄同様、高校3年生だった望月歩。
『ソロモンの偽証』やドラマ「3年A組ー今から皆さんは、人質ですー」などに出演し、着実に経験を積んでいる若手実力派の彼にとって、本作が初主演作となる。
周囲の期待に応えようとする「いい子」の望来は、家出の中で、ホームレスや、様々な労働を経験し、今まで知らなかった世界を知ることで強くたくましく成長していく様子が描かれる。

望月演じる望来(みらい)は、肉体労働の工事現場からはじまり、次第に添い寝カフェ、心中現場の清掃、オレオレ詐欺など“闇バイト”に手を染めていく。今回解禁となる本編映像では、なんと30万円で“童貞”を売り渡すことに!?
望月演じる望来が「無理です!価値があると思えないんです、僕の童貞に30万なんて」と抵抗するも、森岡龍演じる闇バイト斡旋の丹波は「君の価値はね、決められないの君には」と告げ、戸惑う望来を客の待つ部屋へ送り込む。
ちなみに、解禁された映像の中で150万と説明されるライターの本当の値段は、映画本編ラストで明らかに!
ぜひ劇場にて確認してみてください。

『五億円のじんせい』
監督:文晟豪(ムン・ソンホ)
脚本:蛭田直美
出演:望月歩(「ソロモンの偽証」「3年A組-今から皆さんは、人質です-」)
   山田杏奈 森岡龍 松尾諭 芦那すみれ 吉岡睦雄 兵頭功海 小林ひかり
   水澤紳吾 諏訪太朗 江本純子 坂口涼太郎 / 平田満 西田尚美
主題歌:「みらい」ZAO
製作:畠中達郎 田中祐介
プロデューサー:遠藤日登思 押田興将 松田広子 中澤元
協力プロデューサー:盛夏子 諸田創 宮瀬佐知子
助監督:久保朝洋
撮影:田島茂
照明:山田和弥
録音:齋藤泰陽
美術:小坂健太郎
装飾:遠藤善人
スタイリスト:水野遼平
ヘア・メイク:有路涼子
スクリプター:松本月
編集:脇本一美
制作担当:芳野峻大
音楽:谷口尚久
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
宣伝:ミラクルヴォイス
配給協力:コピアポア・フィルム
配給:NEW CINEMA PROJECT
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業) 独立行政法人日本芸術文化振興会
2019年/日本/112分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル
©2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください