スティーヴン・キング原作『ダークタワー』日本公開日決定&予告解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


スティーヴン・キングが1970年代から継続的に執筆し、完成までに30年を費やした、作家人生の集大成ともいえる「ダークタワー」シリーズがついに『ダークタワー』として映画化され、2018年1月27日に日本公開が決定した!

今回、スティーヴン・キングが描いた世界観の一端が感じられる予告が解禁となった。

ニューヨークに住む少年ジェイクが見た不思議な夢─。本作はジェイクが夢に導かれ入り込んだ“時空を超越する荒廃した異世界”を舞台にした物語。 現実世界と密に結びつく異世界では、世界の支柱と言われる<タワー>を巡り、凄腕の銃使い“ガンスリンガー”ローランド(イドリス・エルバ)と世界の崩壊を目論む”黒衣の男”ウォルター(マシュー・マコノヒー)が終わることのない戦いを繰り広げていた─。

解禁された予告では、不思議な夢に戸惑う少年ジェイクがカウンセリングを受けるシーンからスタートする。しかし少年は<タワー>、そして異次元の争いを繰り返す<黒衣の男>と<ガンスリンガー>のリアルすぎる光景をただの夢とは信じられずにいた。さらに映像では[タワーを守る者=ガンスリンガー]と[タワーを壊す者=黒衣の男]の究極のバトルを映し出す。時間と空間を超越し荒廃した異世界と現実世界を巻き込んだ圧倒的な映像スケールで描かれる1対1の激しい戦いの中、注目すべきはイドリス・エルバ演じるガンスリンガーの超絶ガンアクション! 誰も見たことのないようなリロード(銃に銃弾を装てんする作業)は一見の価値ありだ。

ガンスリンガーは何故<タワー>を守り、黒衣の男は何故<タワー>を破壊しようとするのか?そして、現実世界の少年ジェイクは何故この戦いに巻き込まれてしまったのか?そこには世界の運命を左右する衝撃の秘密が隠されていた─。<そのタワーが破壊されるとき 世界は終わる>

『ダークタワー』
2018年1月27日(土)全国公開
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください