映画
アニメ
ゲーム

映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』日本公開日が2018年1月5日(金) に決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


全世界で4億ドルを超えるメガヒットを記録した傑作スパイアクション『キングスマン』の続編、『キングスマン:ゴールデン・サークル』の日本公開日が2018年1月5日(金)に決定した。

■今回、ティザービジュアルと新予告が到着した!




到着したビジュアルでは、英国紳士らしくビシっと決まったスーツに身を包み、任務遂行のための激しい戦闘のときでもギミック満載の傘をスマートに使いこなす、スタイリッシュなこだわりが大きな魅力であるキングスマンのエージェントに対し、新たに登場するステイツマンは上下デニムをまとい隆々しい手でロゴ入りのムチを握りしめる無骨な男のオーラがたっぷり。イギリス文化にこだわるキングスマン同様、ステイツマンもまた、アメリカならではのアイデンティティに強いこだわりを持つエージェント集団であることを予感させる姿であり、キングスマンの変幻自在な傘のごとくステイツマンのムチに一体どんな仕掛けが施されているのか期待がふくらむ。

さらにこの好対照なスパイのメンバーには、前作で死んだと思われたものの驚きの復活を遂げることが明かされているハリーを演じるコリン・ファース、一流のエージェントへと成長した主人公エグジーを演じるタロン・エガートン、エグジーと共に敵を追う教官マーリンを演じるマーク・ストロングが前作に引き続き名を連ねる他、強大な謎の敵ゴールデン・サークルのボスを演じるジュリアン・ムーア、ステイツマンのメンバーを演じるハル・ベリー、チャニング・テイタム、ジェフ・ブリッジスといった本作から参戦を果たす錚々たる俳優陣がズラリ!さらに音楽界からは大物アーティスト、エルトン・ジョンの名前もあり、本人役としての登場が決定している彼の、まったく予想のつかない活躍からも目が離せない。

さらに新たに届いた予告では、イギリスのロックバンドであるザ・フーの名曲「マイ・ジェネレーション」が尖がったアレンジで響き渡る中、冒頭のド派手なカーアクションから始まり、ゴールデン・サークルのボス(ジュリアン・ムーア)が「キングスマンに“さよなら”よ」と笑顔でキングスマンの基地を吹っ飛ばしてしまったことで、エグジー(タロン・エガートン)が同盟関係にあるアメリカのスパイ機関・ステイツマンを訪ねるストーリーの一端が垣間見れる。そしてなんと驚きの復活を遂げるハリー(コリン・ファース)がすでに会議に同席しており、トレードマークの傘を存分に活かした戦闘シーンを披露、さらにステイツマンのロープが変幻自在な動きで敵を翻弄する様子など、キングスマンとステイツマンの、それぞれ異なるスタイルによるアクションシーンにより、キングスマンらしい斬新でエッジの効いたアクションが、さらに進化を遂げている予感が漂う仕上がりになっている。




【ストーリー】
スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営しているステイツマンは、英国文化に強い影響を受けたキングスマンと対照的に、コテコテにアメリカンなチームだった!彼らは文化の違いを乗り越えて、ゴールデン・サークルが企む陰謀を阻止することができるのか!?

『キングスマン:ゴールデン・サークル』
2018年1月5日(金) TOHOシネマズ 日劇他全国ロードショー
配給:20世紀FOX映画
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved
公式サイト:http://kingsman.jp/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キングスマン【Blu-ray】 [ コリン・ファース ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2017/8/2時点)


登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください