アニメ

『第10回したまちコメディ映画祭in台東』「したコメ大賞」審査員に入江悠監督が決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台に繰り広げられるコメディ映画の祭典「したまちコメディ映画祭 in 台東」(略称したコメ)。今年も2017年9月15日(金)~9月18日(月・祝)の期間で開催される。

今回、「したコメ」恒例プログラムである短編映像コンペティション「したまちコメディ大賞」の審査員に映画監督の入江悠が決定した。

「したコメ」とは、東京随一の下町(したまち)の魅力をコメディ映画を通じて存分に味わっていただく、いとうせいこう総合プロデュースのコメディ映画祭です。「映画(Cinema)」「したまち(Down town)」「笑い(Comedy)」という3つの要素を掛け合わせることで、映画人、喜劇人、地元の皆さん、映画・喜劇を愛する皆さんが一体となって盛り上がれる、他にない魅力を持った、住民参加型の映画祭となっています!新たに決定した審査員は、『SR サイタマノラッパー』(09)で当時映画青年の心を鷲掴みにして以来活躍を続け2017 年6月10日に『22 年目の告白〜私が殺人犯です〜』、12月には『ビジランテ』と新作公開を控える入江悠監督。果たして、映画青年の憧れの星、入江悠監督の腹筋を崩壊させ、会場に爆笑の渦を巻き起こす挑戦者は現れるのか、、、

■短編コンペティション したまちコメディ大賞2017 概要

【審査員】入江悠(映画監督)、いとうせいこう(したコメ総合プロデューサー) ほか

【賞】グランプリ(賞状、トロフィー、賞金50万円、海外映画祭への出品サポート) ほか各賞あり

【募集期間】2017年2月24日(金)~6月8日(木)消印有効
(持ち込み不可。必ず送付にてご応募ください。)

【応募条件】
●上映時間(エンドロール含む)が20分以内の「コメディ」映像作品であること。
※「コメディ」の定義は広く応募者の解釈によるものとし、実写(フィクション、ドキュメンタリー)、CG、アニメーション等を問いません。
●2016年1月1日以降に完成した商業化されていないオリジナル作品であること。
●監督が映画祭開催中の2017年9月15日~18日の指定された日時に映画祭に参加できること。
●作品の著作権が応募者に帰属していること。
●応募時点で他の映画祭、コンペティション等で最高賞に値する賞を受賞していない作品であること。

【応募素材】
作品DVD、作品スチル 2点、監督写真 1点、応募フォーム
※詳しくは「したまちコメディ大賞2017」の応募規約をご確認ください。

【問い合わせ】
公式HP内の問い合わせフォームよりお問い合わせください。
したまちコメディ映画祭 in 台東 運営事務局
(株式会社東急レクリエーション内)
公式HP:www.shitacome.jp/2017/competition/

■審査員プロフィール
映画監督
入江 悠(いりえゆう)
1979年、神奈川県生まれ・埼玉県育ち。自主制作による『SR サイタマノラッパー』(09)が大きな話題を呼び、ゆうばり国際ファンタスティック映画オフシアター・コンペティション部門グランプリ、第50回映画監督協会新人賞に輝く。その後、同シリーズ『SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』(10)『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』(12)を発表。2017年には連続テレビドラマ化された。『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』(11)で高崎映画祭新進監督賞。その他に『日々ロック』(14)、『ジョーカー・ゲーム』(15)『太陽』 (16)、今月 6/10 に『22年目の告白〜私が殺人犯です〜』が公開。12月には新作『ビジランテ』の公開が控えている。

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください