映画

『ザ・コンサルタント』はアメコミ映画ファン必見作!杉山すぴ豊さんが解説するアメコミファンを喜ばせる要素とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


ワーナー・ブラザースは、2017年5月17日よりベン・アフレック主演のハード・クライム・アクション『ザ・コンサルタント』のブルーレイ&DVDを発売・レンタル開始する。(4月19日よりデジタルセル先行配信)

本作は 『ザ・コンサルタント』は、『バットマンVSスーパーマンジャスティスの誕生』や11月23日公開の『ジャスティス・リーグ』でバットマン役を務めるベン・アフレックの主演作だが、その他にもアメコミ映画に関連する要素が多くある。今回、アメコミライター杉山すぴ豊さんが、アメコミ映画ファン必見の本作を解説する、DCアメコミニュース<番外編>が到着した。

『ザ・コンサルタント』はクライム・アクションとしても一級の面白さですが、アメコミ映画ファンを喜ばせる要素がいっぱい!主人公を演じるベン・アフレックが『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』から始まり今年公開の超大作『ジャスティス・リーグ』以降、バットマンを演じるわけですから、バットマン映画の前哨戦としても楽しめます!

この主人公ウルフが、表の顔がビジネスマン 裏の顔がダーク・ヒーローという点ですでにバットマンっぽいですが、ウルフが数字に強く分析能力にたけている、というのもバットマンに近い。というのはバットマンは”世界最高の探偵”と異名をとるぐらい頭脳派なのです。ウルフが数字をにらみながら不正の謎を解いていくシーン、次のバットマンもこうなるのではと期待してしまいます。こういう二面性を持ったヒーローを見事にベン・アフレックは演じており、また小道具を使いこなしたり一撃必殺の格闘術で相手を倒すところも様になっているから、ベン・アフレック版バットマンにますます期待が持てます!

お楽しみはそれだけではありません。なんとレイモンド・キング役のJ.K.シモンズは『ジャスティス・リーグ』からバットマンの盟友ゴードン警部を演じるのです。つまり本作でも、次の『ジャスティス・リーグ』でもベン・アフレックとJ.K.シモンズは対犯罪のパートナーという関係なのです。なおレイモンドと行動を共にするメディナ役のシンシア・アダイ=ロビンソンは DC コミックス原作の TV シリーズ「ARROW/アロー」で、”スーサイド・スクワッド”を率いるアマンダ・ウォーラーを演じており、この”スーサイド・スクワッド”もアマンダもバットマンと関係の深いキャラですから、この配役にもニヤリですね。

配役と言えばウルフの弟ブラクストンを演じるジョン・バーンサルはマーベル×Netflix のドラマ「デアデビル」シーズン2で、原作コミックスで人気の必殺処刑人パニッシャーを演じています。映画版の『デアデビル』はベン・アフレックが演じていましたから、これまた狙ったとしか思えないキャスティング!さらに主人公が口ずさむソロモン・グランディはバットマンのコミックスに出てくるスーパーヴィランの名前でもあるし、主人公ウルフが資産として DC の古いコミックス誌(それぞれスーパーマン、グリーン・ランタンの登場号)を持っている等、この映画の監督ギャビン・オコナーは絶対アメコミ映画ファンの間で話題になることを見越して、この映画を作っているとしか思えません!(笑)実際ギャビン・オコナーはバットマン映画の監督候補にもなっていました。『ザ・コンサルタント』はアメコミ映画ファンも必見です!

<TEXT:杉山すぴ豊>

『ザ・コンサルタント』
2017年5月17日 ブルーレイ&DVD リリース、デジタルレンタル配信開始
2017年4月19日 デジタルセル 先行配信開始
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED
公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/consultant-movie/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・コンサルタント<4K ULTRA HD&2Dブルーレイセット>(2枚…
価格:4851円(税込、送料無料) (2017/5/1時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください