映画
アニメ
ゲーム

『この世界の片隅に』全国映画動員ランキング3週目にして6位に大幅ランクアップ!週末興収 前週比114%、動員22万人、興収3億円突破!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この世界の片隅に

片渕須直監督が6年の歳月をかけて作り上げたアニメーション映画『この世界の片隅に』が絶賛上映中。本作は戦時下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きる女性、すずを描いた珠玉のアニメーション映画。

3週目の、11/26(土)、27(日)の週末興行成績は6,494万9,160円、動員は4万4,048名で、公開館数は82館(初週より+14館)、前週比114%の興収となり、全国映画動員ランキングではなんと、6位へ大幅にランクアップを果たした。累計動員は22万0,058名、累計興収は3億590万1,360円と、右肩上がりに勢いを増している。


さらなる口コミの拡がりを感じさせる結果となった3週目は、学生・女性・シニアの動員がさらに増え、老若男女幅広い層が劇場を訪れた。このヒットを受け、ウェブ・新聞各紙での紹介も相次ぎ、11/23日経新聞朝刊、11/25東京新聞、11/28日経MJ新聞などでヒット分析記事、11/25朝日新聞夕刊で主演のんさんインタビューなど続々掲載されている。また11/26TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」では、宇多丸さんによる評論で「5,000億点!」と大絶賛され、さらに話題を呼んでいる。SNSでは日々、『この世界の片隅に』の感想投稿が後を絶たず、公開日以降さらに盛り上がりを見せている。それに伴い、監督やプロデューサー、劇場取材などの申し込みも殺到している。

先週末に東京・宮城県での舞台挨拶を行った片渕須直監督は、引き続き各地からのオファーが止まず直近では、11/30【東京】テアトル新宿、12/4【滋賀】イオンシネマ近江八幡、【京都】イオンシネマ京都桂川、などを予定。これまでの舞台挨拶はのべ30回以上、年を越えて2017年1月まで各地での舞台挨拶を予定している。「この映画をみてほしい」「この映画をまたみたい」という熱が、都市部から日本全国へとさらに拡がりをみせており、今週末12/3(土)からは5館増え、87館に拡大する。



【ストーリー】
どこにでもある 毎日の くらし。昭和20年、広島・呉。わたしは ここで 生きている。すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。 だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

『この世界の片隅に』
テアトル新宿、ユーロスペース他大ヒット公開中!
配給:東京テアトル
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
公式HP:konosekai.jp

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください