映画

映画『スター・トレック BEYOND』 日本版最終予告映像到着!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スター・トレック BEYOND

『ワイルド・スピード』シリーズのジャスティン・リン監督と、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムスが初タッグを組んだ映画『スター・トレック BEYOND』が10月​21日(金)から全国公開となる。

今回、カークが吹っ飛びまくる!?日本版最終予告映像が到着!

エンタープライズ号の船長であった父親の影から抜け出したものの、自分の進むべきこれからの道に悩むカーク(クリス・パイン)の姿から始まる本映像。突然の襲撃に遭い、バラバラになる仲間たち。それぞれ限界を超える闘いを繰り広げる中、再び集まることはできるのか?敵からの攻撃は、エンタープライズ号だけにとどまらず未来都市にまで及び、人々が逃げ惑う姿やカークが吹っ飛びまくる大迫力の映像の数々が30秒の映像の中に詰め込まれており、まるで映像の玉手箱(?!)のような仕上がりとなっている。

50周年を迎えるこの『スター・トレック』シリーズは、長い歴史の中で愛されてきたからこそ脱構築する必要があったというジャスティン・リン監督は、本作について「作品の核としては、『スター・トレック』のファンも、そうでない人も誰もが、このシリーズを偉大なものにした本質的な部分に触れることができると思う。」と説明している。その理由について「これは偉大なシリーズで、50年も続いているし、メディアを変えても生き続けている。アイデアを脱構築するときは、少し怖くなるものだ。リスクもあるけど、怖がっていたら、それこそ『スター・トレック』の終わりの日だと思う。現状から抜け出し、必死に模索してようやく、なぜ50年も続き、なぜこんなにも愛されているのかを再確認できるはずだ。」と明かしており、その結果「作品への愛というDNAを使っただけじゃなくて、実際に前へ進めることができたと思う。」と語っていることからも、自身が納得のいく出来に仕上がったことが伺える。

【ストーリー】
すべてを賭けた、最後の戦いが今はじまる。未知の星に不時着した宇宙船救出ミッションに出発したエンタープライズ号。このミッションを最後にして、キャプテン・カークは<ある決断>を胸に秘めていた。しかし到着直前、無数の飛行物体によって急襲を受け、エンタープライズ号は撃破。仲間は散り散りになってしまう。果たして何が起こっているのか。その目的とは―?たった一人見知らぬ土地に投げ出されたカークの限界を超えた戦いの幕が開く!

『スター・トレック Beyond』
10月21日(金) 全国公開!
配給:東和ピクチャーズ
(C)2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
公式HP:http://www.startrek-movie.jp/

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください