映画
アニメ
ゲーム

『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』の主題歌が劇場でしか聴けない発売未定の新曲に!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




1月22日(土)より、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほかにて全国公開となる、AKB48の2010年に完全密着した彼女たち初のドキュメンタリー劇場公開作品『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』。本作の主題歌がAKB48の新曲「少女たちよ」になることが発表された。
作詞はもちろんAKB48の総合プロデューサーであり、本作の企画を務める秋元康氏。本作のために作られたこの楽曲は、夢に向かって悩みながらもひたむきに努力する彼女たちにピッタリな明るく前向きな力強い1曲。楽曲の流れる本作のエンドロールでは、多忙を極めた年末期に行われた「少女たちよ」のメンバーのレコーディング映像も見ることができる。楽曲のリリースについては一切未定。そのため劇場でしか聞くことのできない1曲となっているため、ファンの注目が集まることは間違いない。
リリース未定/AKB48「少女たちよ」
作詞:秋元康 作曲:小網準 編曲:野中“まさ”雄一


YouTube AKB48 公式チャンネル AKB48 Official Channel!
http://www.youtube.com/user/AKB48
公式Twitter
http://twitter.com/AKB48_2010movie
『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少たちは今の自分に何を思うのだろう?』
2011年1月22日(土)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほかにて全国公開
製作総指揮:岩井俊二 企画:秋元康 監督:寒竹ゆり
製作:窪田康志 新坂純一 茂手木秀樹 岩井俊二 プロデューサー:古澤佳寛 野上純一 高橋信一
撮影:神戸千木 取材:加藤 肇 北川亜矢子 編集:寒竹ゆり 整音:久連石 由文
企画・制作:ロックウェルアイズ 協力:KRK PRODUCE 東京フィルムセンター映画・俳優専門学校
製作:AKS 東宝 NHKエンタープライズ ロックウェルアイズ
配給:東宝映像事業部
公式サイト:http://www.2010-akb48.jp
(C)「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください