『Marvel デアデビル』シーズン2配信記念イベントに主演のチャーリー・コックスが登場!「CGを使わないアクションを作り上げた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

デアデビル1

Netflixとマーベルの共同制作によるオリジナルドラマ『Marvel デアデビル』シーズン2の配信記念イベントが都内で開催され、主演を務めるチャーリー・コックスが登壇した。

3月18日より世界同時配信中されている本作は、昼は弁護士、夜は覆面、恐れ知らずのヒーロー“デアデビル”として、正義のための闘いを繰り広げるマット・マードッグの物語を描く第2期となる。


今回のシーズン2の見どころについて聞かれると「シーズン1は、マット・マードッグという男がいかにしてデアデビルになったのかという物語でした。今回はより複雑な内容になっています。何がヒーローをヒーローたらしめているか。英雄的な行為をどう定義するか。そして私たちの現代にどういう意味を持つのかといったことを問い掛けています」とコメントした。

また、本作の見所となるCGを使用しないリアル・アクションについて「デアデビルではCGを使わずにアクションを作り上げています。実際にスタントで行っていることは、明確に感じて頂けることだと思います。ある種のエネルギーを感じさせ、引き込まれるようになっています。本作品は、スタントを担当したフィリップ・J・シルビアが非常に優秀で、ストーリーやキャラクターの設定を反映させたアクションを作り上げていて、バランスが明快です。アクションのためのアクションではなく、ストーリーやキャラクターのためのアクションという部分を楽しんでもらいたいです」と作り込まれたアクションに自信を見せてた。

シーズン2から登場する新キャラクターの“パニッシャー”と“エレクトラ”について聞かれると「パニッシャーが登場したとき、マットは悪人だから正義の鉄槌を下さなければいけないと考えます。しかし、彼は白黒はっきりしているものではなく、自分と似通った部分があることに気が付きます。方向は違えけど、2人の行動の目的は同じなんです。今回のパニッシャーはアンチ・ヒーローの役回りで、見た方がいろいろと考えられる存在になっています」とコメント。エレクトラについては「事務所のパートナーであるカレンとのロマンスの始まりが描かれますが、元カノであるエレクトラの登場で三角関係が描かれていきます。カレンにはデアデビルであることを明かしていませんが、エレクトラはデアデビルとしての自分も愛してくれてます。」と解説した。

イベント終盤には、女優の武田梨奈がデアデビルをイメージした赤いドレス姿で登場。デアデビルマスクを模したの花束をコックスに贈呈した。コックスが「僕よりも赤の着こなしが似合うね」と武田を称賛した。武田が空手の有段者だと知っていたコックスは、対戦して勝てるかを聞かれれると「絶対負けると思う。できるだけ早くに逃だすよ(笑)」とコメントし会場を沸かせた。

デアデビル2
デアデビル3
デアデビル4

『Marvel デアデビル』シーズン2
2016年3月18日(金)太平洋時間 よりストリーミング開始!
配信先:Netflix.com/jp/
(C) Netflix. All Rights Reserved.




登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください