映画

富江全国へ、そして世界へ!?増殖宣言!映画 『富江 アンリミテッド』初日舞台挨拶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



5月14日(土)、新宿バルト9にて、映画『富江 アンリミテッド』の初日舞台挨拶が行われた。12日、日付が変わると共にチケットの発売がスタートしたが、朝6時にはオンライン分のチケットが完売するなど、その人気の高さを見せ付けた。舞台挨拶には国内外で高い評価を得る鬼才・井口昇監督、主演の荒井萌、富江役の仲村みう、AKB48/渡り廊下走り隊の多田愛佳が登壇した。

「富江」とは、日本が誇る大人気ホラー漫画家伊藤潤二の傑作ホラー。長い黒髪、怪しげな目つき、左目の泣きぼくろが特徴の絶世の美貌を持った少女で、周りの男たちはたちまち彼女の虜になり、独占欲に駆られ彼女を殺害してしまう。しかし、彼女は何度殺されても蘇ってくるというもの。本作『富江 アンリミテッド』では、仲村がその絶世の美女を演じ、荒井扮する主人公であり、妹の月子の孤独を増幅させ、次第に追い詰めていくというもの。
撮影中のエピソードを聞かれると主演の荒井は「私ほんとに怖がりで叫んでるシーンがたくさんあるんですが、半分くらいほんとの叫びです。」とリアルな演技をアピール。仲村は、「監督に初めてお会いしたときに、富江って左目の下にホクロがあるんですけど、私それを知らなくて。ホクロに異常に食いつかれてホクロフェチなのかと思いました(笑)」と会場の笑いをさらった。多田は、「ホラー映画ですけど、現場はすごい楽しかったです。怖がりの萌ちゃん以外は(笑)」と現場の和やかな雰囲気を垣間見せてくれた。監督の井口は、「現場では仲村さんの生首とかがその辺にころがってるので、荒井さんは終始びくびくしてましたね。そんな中ご飯食べたりしてましたけど」と井口作品ならではの独特な撮影現場エピソードを語った。

15日から公開を迎えた『富江 アンリミテッド』。新宿バルト9、横浜ブルク13での舞台挨拶を皮切りに、名古屋・京都・大阪・広島・博多と全国をキャラバン隊が回っていく予定。キャストは横浜まで。その先は井口監督が名古屋まで同行し、その先はスタッフのみで回る予定で、キャラバン隊は今西へ向けて富江ラッピングを施したロールスロイスを走らせている。この模様はUstreamで随時中継されている。また、その道中、全国回る道中で美女たちを捕まえ、富江のヅラをかぶせて100人の富江の写真を集めるという「富江 ハンドレッド」という企画を実施している。100人目指して全国に富江増殖中というわけだ。もしかしたらあなたの街にも富江キャラバン隊が訪れるかも!?
『富江 アンリミテッド』は現在開催中のカンヌ国際映画祭でも、バイヤー向けの上映がなされ、世界中の腕利きのバイヤーが集う中、満席で立ち見も出るほどの盛況ぶりを見せているという。現在日本で増殖を続けている富江だが、世界増殖も夢ではないのかもしれない。


映画『富江 アンリミテッド』
5月14日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー
監督:井口昇(『ロボゲイシャ』『片腕マシンガール』) /脚本:継田淳 井口昇
原作:伊藤潤二(朝日新聞出版 刊)/製作:東映ビデオ
出演:荒井萌 仲村みう 多田愛佳(AKB48/渡り廊下走り隊)
大和田健介 大堀こういち 川上麻衣子
配給:ティ・ジョイ、CJ Entertainment JAPAN/宣伝:プレシディオ、ヨアケ  
公式サイト:http://www.tomie-unlimited.com
(C)Junji Ito (C)2011東映ビデオ



関連記事>>
・映画『富江 アンリミテッド』公開記念 井口昇監督インタビュー
・井口監督から衝撃の告白!!映画『富江 アンリミテッド』に謎の男の声が混入!?
・井口昇監督が挑む!キュートでブラックな新世代のミニ・シリーズ「はらぺこヤマガミくん」
・あまりに怖すぎて映画館での上映禁止寸前?!上映劇場も手に余る映画『富江 アンリミテッド』絶叫予告遂に解禁!
・まだまだ続く富江の季節! 井口昇監督による富江シリーズ最新作!『富江 アンリミテッド』!絶叫ビジュアル公開!

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください