映画
アニメ

映画『ピクセル』初週週末興行成績No.1スタート!パックマンたちの快進撃!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

★メインPM_1470_comp_v0011_.jpg



9月12日に公開初日を迎えた映画『ピクセル』が、先週1位の『テッド2』、同日に初日を迎えた『天空の蜂』など、並み居る強豪を抑え、週末の観客動員数139,339人、興行収入215,782,700円で、動員、興収ともに堂々の1位を獲得した。シリーズものやリメイク、原作ものヒットが目立つ今年の映画界では、オリジナルのユニークなストーリー設定の『ピクセル』の大ヒットは快挙と言えるだろう。

1980年代に世界中で大流行した「パックマン」「ドンキーコング」をはじめとする日本発の大ヒットゲームが数多く登場する本作は、10代後半-20代の男女を中心としながら、実際に1980年代にゲームをプレイしていた30-50代の往年のゲームファン、またその年代の父と子の親子連れ、幅広い層を取り込み、成績を大きく伸ばした。

2日間の内訳は以下の通り 
9月12日(土)  68,163人  106,241,700円
9月13日(日)  71,176人  109,541,000円

3D字幕、吹替、2D字幕、吹替、IMAX3D字幕、4DX3D字幕、吹替と7フォーマットのうちもっとも高稼働だったのは3D吹替版で全体の36%を稼ぎ出している。

12、13日に全国92館で実施されたアンケートでは、『ピクセル』を鑑賞した97.8%の観客が「面白かった」と回答しており、来週のシルバーウィークに向けてますます口コミが広がっていくことが見込まれる。これまでに『ピクセル』が公開された、約80か国のインターナショナルマーケットで最も大きな興行収入を上げたのはブラジルの約14億円だが、日本はそれを上回る15億円を見込むスタートとなった。

【ストーリー】 
今から30数年前、NASAが宇宙人との交流を夢見て“人間”を・・”地球“を・・深く知ってもらうための紹介映像を宇宙に向け て発信、その中には 当時大流行していたゲームの映像も送られた・・・ところが受信した宇宙人は、それを友好のメッセージではなく挑戦状ととってしまったから、さあ大変。彼ら は地球が発信したゲームキャラクターに扮し、現代の地球を侵略しにやってきたのだ!そんな彼らの弱点を見抜いた男たちが現れる。彼らは 80年代当時 ゲームチャンピオンの名をほしいままにしていたにも関わらず、今は“ただの大人・・”になってしまった 最強の元ゲームオタクたち!はたして彼らは、バクバクと街を食べまくるパックマンの暴走を止めることができるのか? ドンキーコングから次々と放たれる“樽”攻撃をかわし、ゲームクリアできるのか?それとも人類は全滅してしまうのか――。

『ピクセル』
丸の内ピカデリーほか全国の劇場で大ヒット上映中!
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式HP:http://www.pixel-movie.jp/

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください