アニメ

2023年1月27日(金)公開 映画『金の国 水の国』賀来賢人、浜辺美波、戸田恵子登壇!ジャパンプレミアオフィシャルレポート紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

【写真・ハウル沢田】

 

1位に輝いた作品は飛ぶように売れるという各界から大注目のランキング「このマンガがすごい!」で、2017年(「金の国 水の国」)、2018年(「マロニエ王国の七人の騎士」)と連続して1位(オンナ編)を獲得し、別作品で史上初めて二連覇(※異なる作品で)を達成した唯一の作家・岩本ナオ。マンガ好きの域を超え、各界から絶賛され映像化希望が殺到した「金の国 水の国」が待望の映画化!映画『金の国 水の国』は2023年1月27日(金)より全国劇場公開!

100年断絶している2つの国。<金の国>の誰からも相手にされないおっとり王女サーラと、<水の国>の貧しい家族思いの建築士ナランバヤルは、敵国同士の身でありながら、国の思惑に巻き込まれ“偽りの夫婦”を演じることに。お互いの想いを胸に秘めながら、真実を言い出せない不器用な2人の<やさしい嘘>は、国の未来を変えるのかー。

12月12日(月)には、本作のジャパンプレミアイベントを実施。W主演を務める賀来賢人と浜辺美波に加えて、戸田恵子、本作のテーマ曲を歌唱する実力派シンガー琴音、そして『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』など、世界観を盛り上げる音楽を生み出し続けている音楽担当Evan Call(エバン・コール)、そして渡邉こと乃監督が登壇した。

 

ジャパンプレミアイベントは、琴音による本作テーマ曲「Brand New World」の生歌唱からスタート。力強くも透明感溢れる琴音の歌声が優しく響き渡り、会場は早くも幻想的な雰囲気に。続いて現れたのは、W主演を務めたナランバヤル役の賀来賢人とサーラ役の浜辺美波。映画の印象的な場面に登場する橋をイメージしたステージに、まるで劇中のワンシーンのさながらに、賀来が浜辺の手を取って登場し会場を盛り上げた。さらに、レオポルディーネ役の戸田恵子、音楽担当のEvan Call、監督の渡邉こと乃が、大きな拍手に包まれながら登壇した。

現在公開中の本予告映像でも、すでにそれぞれハマり役と評判のキャスト陣。<水の国>の建築士ナランバヤルを演じた賀来は、自身が演じた役を「一見チャランポランに見えるかもしれないけど、実はすごく頭が切れて、すごく心優しい青年」と説明し、「僕に似たところはまったくなくて、本当にいい男なんですよ!声を吹き込みながら『こういう男になれたらいいな』と尊敬の気持ちで彼を見つめながら、お芝居させていただきました」と、ナランバヤルというキャラクターに惚れ込んでいたことを明かした。<金の国>のおっとり王女サーラを演じた浜辺は、「王女だけど実はかなり下位のほうのお姫様で、ちょっと引け目もあって性格もおっとりしていて、静かに暮らしている王女さまです」と、愛おしそうにキャラクターを紹介。そんなサーラの姉にして<金の国>の第1王女レオポルディーネを演じた戸田は、「一見すると強くて怖そうで、アフレコ現場で何度も『悪い人じゃないですよね?』と確認したぐらい。でもとてもいい人なんです!』と自身が感じた第一印象とのギャップを語りながら、「<金の国>のことを誰よりも考え政治的にも長けていて、非常にしっかりした頭のいい王女として演じさせていただきました。強さにプラスして品格もある人で、なかなか難しい役だと思って挑みました」と、演じ甲斐のあるキャラクターであったことを明かしている。

続いては、本作のキャッチコピーにある「2023年、あなたはきっと初泣きする」の通り、賀来と浜辺がそれぞれ本作の“初泣きポイント”を熱弁。賀来はナランバヤルとサーラの関係性を挙げながら「二人とも不器用なんですよね。不器用ゆえにすれちがってしまうけど、そのすれ違いというのがお互いを想うやさしさがあるために起こってしまう…なんというんでしょうねえ!」ともどかしそうにコメント。浜辺もそんな賀来の意見に共感しながら、「人によって刺さるシーンは色々あると思うんですが、凝り固まった心が雪解けのように溶けて涙が流れるようなシーンがちりばめられている映画だと思います!」と、映画にふさわしい表現で“初泣きポイント”をプッシュした。

話題はステージに特設された“橋”について。劇中では、サーラが自分の気持ちに嘘をつき、相手のためを思って「ある決断をする」非常に印象的なシーンに登場する。渡邉監督は、劇中の重要な場面の一つとして本シーンに特別な演出を施し、キャストの演技も時間をかけて収録するほどこだわっていたことを明かしている。声を吹き込んだ賀来と浜辺も並々ならぬ想いでこのシーンに挑んでおり、賀来は台本を読んだ時点で“橋”のシーンが映画に置いて間違いなく重要なシーンになると感じていたと言い、「本当に大事なシーンで、表現の仕方も繊細だったりして難しかったんですよ。何十回もトライ&エラーを繰り返しながら作っていったシーンです」と撮影時の苦労を明かした。浜辺は、アフレコ時に観ていた映像の美しさに感動したと言い、「本当にこのシーンが美しくて、描かれているように体中を風が通り抜けていくような感覚が本当にあって、OKをいただけるテイクが取れたときは心底ほっとしました!」と、充実したアフレコだったことを振り返った。

そんなW主演の二人の演技について、戸田は「賀来くんと浜辺さんそのままなんじゃないかと思うほどぴったりで、息を飲みました!」と大絶賛!「なかなか本音で言うことはないけど、サーラのおっとりした感じや賀来君の飄々とした物言いとか、役にこんなに合っているのかと思うぐらい」と、共演者として太鼓判を押した。対する賀来は、「現場では会えなかったけど、レオポルディーネがとんでもない存在感だったので、戸田さんにそう言っていただけて光栄でございます!」と大歓喜。浜辺は、アフレコ現場でもそんな賀来の安心感に救われたことを明かし、「私が先にアフレコしていて後で賀来さんがいらして、ナランバヤルを演じられた瞬間にほっとしたというか、ナランバヤルが隣にいる感覚があって。ナランバヤルの持つ力の凄さと共に、そこに注ぎ込んでいる賀来さんの凄さを感じて、劇中でもアフレコでも助けられました!」と、賀来の存在の大きさを熱く語った。

キャスト陣の熱演を盛り上げる、壮美な映像や音楽についても期待が高まっている本作。音楽を担当したのは、人気アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」や大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で知られるEvan Callだ。舞台となる<金の国>と<水の国>をそれぞれ表現するために、さまざまな文化の音楽や楽器を駆使したと言い、Evanは「ぜひ映画館の大画面で本作を観て、家では聴けない素晴らしい音響システムで爆音で聴いてほしい。劇場ならではの特別な体験だと思うので、今日はみなさんと一緒に観ることができてとても嬉しく思っています」と笑顔でコメントした。
渡邊監督は映像美について言及し、「『金の国 水の国』は、特に終盤からエピローグにかけて、幸せ感が強く出るのが特徴的な作品で、映画館はもともと没入感を得られる空間だから、この映画にピッタリだと思っています。Evanさんの素敵な音楽も素晴らしい音響設備の中で聴いてほしいし、細部まで美しいモザイクタイルの建築や、砂漠や砂煙の描写、土や水のにおいも感じられるような美術にも注目してほしいです。ぜひ映画体験として楽しんでいただけたら!」と熱意を込めて観客に語り掛けた。

早くも試写会で試写会で「泣いた」と話す人も多い感動作である本作だが、ゲスト陣が「最近で最も『泣いたなぁ』と思う号泣エピソード」について話題が及ぶと、まさかの“号泣”エピソードが続出!?賀来はアクションの練習をしていた時エピソードを挙げ、「跳び箱を跳ぶ時にひざをぶつけちゃって、3分後ぐらいに全く同じ場所を別の角にぶつけた時に、泣きました。“痛泣き”です!」と語り会場は大爆笑。最近サッカーに夢中になっていたという戸田は、「三苫選手の涙に、びっくりするぐらい泣きました。三苫命です!」と語り、会場からは共感の大拍手が!一人で食事を楽しむことが好きだと言う浜辺は、九州の料理屋を訪れた時を振り返り、浜辺「出来立てのからし蓮根がめっちゃ辛かったですよ!一人ですごく涙が出ました!」とまさかの“号泣”秘話で会場を沸かせていた。

 

 

続いては、テーマ曲を披露したばかりの琴音が再び舞台に登場。大きな拍手に包まれながら、「すごく緊張しました。有観客の会場で歌うのが久しぶりなので、凄く華やかな場所に参加させていただくことができて、とても嬉しく思っています」と笑顔をのぞかせた。本作のテーマ曲アーティストとして、有名アーティストも含めた数百人の候補の中から満場一致で大抜擢された琴音。渡邉監督は、「名前が伏せてある状態で声だけを聴いて決めました。こちらの要望どんぴしゃで、この人しかいないなと思ったのがまさに琴音さんだった」と、琴音の歌声をあらためて大絶賛。Evanも深くうなずきながら「琴音さんは情熱的な声もハスキーな声もウィスパーな声も出せる。彼女の歌い方だけじゃなくて表現の仕方、言葉の伝え方が心を打つというか、録音のときにびっくりして『これでしょ!』と強く思ったので、すごく嬉しいです!」と、アーティスト・琴音の素晴らしさを熱弁した。琴音は緊張の面持ちで絶賛コメントを受け止めながら、「この映画は音楽も素敵で演奏も鮮やかで、サーラとナランバヤルのやりとりもすごく胸を打つと思います。歌もそれらに寄り添うように歌わせていただいたので、コラボレーションをぜひ味わっていただけたらなと思います」と、静かにゆっくりとその思いを語った。

 

イベントの最後には、浜辺と賀来から映画を楽しみにしているファンへメッセージが贈られた。浜辺は「この映画は、敵対する2つの国の問題を、サーラとナラバヤルが“小さな嘘“を通じてやさしさで解決していく物語になっています。日々過ごしていると色んな問題に当たると思うんですけど、やさしさとあたたかさがあれば、大変だけど解決できるという勇気を与えてもらいました。凝り固まった心がふわっとほぐれるような感覚になり、ぽかぽか心があたたかくなりました。ちょっと心が疲れている時も、この映画を観て最後まで癒されていただけたら嬉しいです」と、まるでサーラのような穏やかな笑みを浮かべコメント。賀来は、「完成した映画を観た時、とにかくやさしい映画だなと。美しい映像や音楽もやさしく包み込んでくれるし、出てくるキャラクターもやさしくて、キャラクターからは発せられる言葉にもすごく愛情や思いやりがこもっています。観た後にあたたかい空気に包みこまれるような映画です。ぜひ無心で、何の先入観もなく映画の世界に浸ってただいて、ほっこりした気持ちで帰っていただき、そのやさしい気持ちの輪みたいなものを、色んな人に広めてもらえたら嬉しいなと思います。映画、楽しんでください!」と本作の魅力を熱く語った。

そして賀来の「『金の国 水の国』」に続き登壇者全員で「2023年、初泣き!」の掛け声を合図に、なんと会場中に500羽もの鳩の飾りが降り注ぐスペシャルな演出も!劇中にも登場する、平和の象徴・鳩が舞い続ける光景に、会場からも感嘆の声が。客席を“最高純度のやさしさ”で包み込み、ジャパンプレミアは華々しく幕を閉じた。

 

映画『金の国 水の国』は、2023年1月27日(金)全国ロードショー!

 

 

【原作】 岩本ナオ「金の国 水の国」(小学館フラワーコミックスαスペシャル刊)

【キャスト】 賀来賢人 浜辺美波

戸田恵子 神谷浩史 茶風林 てらそままさき 銀河万丈

木村昴 丸山壮史 沢城みゆき

【テーマ曲(劇中歌)】「優しい予感」「Brand New World」「Love Birds」 Vocal:琴音(ビクターエンタテインメント)

【スタッフ】 監督:渡邉こと乃 脚本:坪田 文 音楽:Evan Call

アニメーションプロデューサー:服部優太 キャラクターデザイン:高橋瑞香 美術設定:矢内京子

美術監督:清水友幸 色彩設計:田中花奈実 撮影監督:尾形拓哉 3DCG監督:田中康隆 板井義隆 特殊効果ディレクター:谷口久美子

編集:木村佳史子 音楽プロデューサー:千陽崇之 鈴木優花 音響監督:清水洋史 アニメーションスーパーバイザー:増原光幸

プロデューサー:谷生俊美 アソシエイトプロデューサー:小布施顕介

【アニメーション制作】マッドハウス 【配給】ワーナー・ブラザース映画

【コピーライト】©岩本ナオ/小学館 ©2023「金の国 水の国」製作委員会 ※タイトルの間に半角スペース

【映画公式サイト/映画公式Twitter】kinnokuni-mizunokuni-movie.jp

【映画公式Twitter】@kinmizu_movie #金の国水の国

【本予告】https://youtu.be/ZxYh-ezfyDk

 

 

 

2023年1月27日(金) 全国ロードショー

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください