映画
アニメ

映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』タイカ・ワイティティ出演シーン解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

ベネディクト・カンバーバッチ主演映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』が12月1日(木)よりTOHOシネマズ シャンテほかで絶賛上映中です。この度は、『マイティ・ソー』シリーズや『ジョジョ・ラビット』で知られるタイカ・ワイティティが出演するシーンの本編映像を解禁いたします。

 

★B・カンバーバッチ×タイカ・ワイティティ『アベンジャーズ/エンドゲーム』以来の共演!

19世紀末から20世紀にかけて、イギリスで知らない者のなかった、大人気イラストレーター、ルイス・ウェイン。当時、ネズミ退治役として軽く見られるか、不吉な存在として恐れられていたネコの魅力を最初に“発見”した、“ネコ画家”だ。そんな伝説のネコ画家の数奇な人生を描いた映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』は絶賛公開中。今回は本作の本編映像が解禁された。

 

今回、新たに解禁された本編映像は、『マイティ・ソー』シリーズや『ジョジョ・ラビット』(19)で知られる映画監督・俳優のタイカ・ワイティティがベネディクト・カンバーバッチと共演したシーンだ。二人はカンバーバッチがドクター・ストレンジを演じ、ワイティティがモーションキャプチャでコーグ役を演じた『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)以来の共演。

 

 

新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストに誘われ、ニューヨークに出稼ぎにきたルイスは、ある日、新聞記者のマックスとレストランで面会することになった。「猫は茶色の紙に座りたがる」、「猫は電気リウマチを嫌がる」といった猫に関する自説を早口で披露するルイスに対して、マックスは「あなたは有名になる」、「キャット・マンだ」と軽くあしらうのだった。早口な二人の台詞の掛け合いは、思わずクスッと笑ってしまう可笑しさがある。

また、本作はワイティティ以外にも、ルイス・ウェイン作品のコレクターでもあるミュージシャンのニック・ケイヴがSF界の巨匠H.G.ウェルズ役として出演している。ルイス・ウェインの運命を左右することになるニック・ケイヴの“声”にも注目だ。

 

公式YouTubehttps://youtu.be/Me16TbIVHxM

 

 

 

 

出演:ベネディクト・カンバーバッチ、クレア・フォイ、アンドレア・ライズボロー、トビー・ジョーンズ and オリヴィア・コールマン(ナレーション)
監督・脚本:ウィル・シャープ 原案・脚本:サイモン・スティーブンソン
2021年│イギリス│英語│111分│カラー│スタンダード│5.1ch│G│原題:The Electrical Life of Louis Wain│字幕翻訳:岩辺いずみ
©2021 STUDIOCANAL SAS - CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 提供:木下グループ 配給:キノフィルムズ
公式Twitter:@louis_wain_film 公式HP:louis-wain.jp

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください