映画
アニメ

『キャシアン・アンドー』 11月9日(水)第10話より配信時間が毎週17時へ変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

全世界を興奮と歓喜で満たし、社会現象を巻き起こし続けてきた空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」。
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の直前を描いた『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の5年前、帝国が支配する暗黒の時代を舞台に、反乱軍として立ち上がる名もなき戦士たちの物語を描いたオリジナルドラマシリーズ『キャシアン・アンドー』がディズニー公式動画配信サービスDisney+(ディズニープラス)で独占配信中。
9月21日より毎週水曜日16時から配信されていた本作だが、アメリカのサマータイム終了に伴い、11月9日に配信される第10話より配信時間が〈毎週水曜17時配信〉に変更となる。
第9話まで配信され、これまで「スター・ウォーズ」史において明かされてこなかった〈反乱軍〉誕生の瞬間が徐々に描かれている本作。「ローグ・ワン」お馴染みのキャラクターも次々と登場し、残り3話への期待が益々高まっている。(下記には1~9話のネタバレを含みます)

「ローグ・ワン」そして「新たなる希望」の5年前、帝国軍が銀河を支配する暗黒の時代を舞台に、これまで「スター・ウォーズ」の歴史において常に要となる存在であった〈反乱軍〉の誕生が描かれる本作。
極秘チーム「ローグ・ワン」で命がけのミッションに挑んだ名もなき戦士たちの一人であり、情報将校として活躍したキャシアン・アンドーの知られざる過去が徐々に判明。そして帝国の圧政により自由を失い、苦しい生活を強いられた各地に潜む“反乱分子”が、今立ち上がろうとしている。
これまでのストーリーを簡単に振り返る。まず、キャシアンは帝国の傘下にあたる組織のメンバーにあることをきっかけに追われ、逃れるために殺害してしまい指名手配犯となってしまう。組織に追われた窮地で謎の男ルーセン・レイエルと出会い、腕を見込まれたキャシアンは多額の報酬と引き換えに、仕方なく反乱組織で計画しているある作戦の一員に。その計画は、帝国軍人の給与が保管されている厳重な金庫から、四半期分にあたる莫大な金を強奪することだった。
なるべく帝国軍とは関わりたくないキャシアンであったが、報酬のためにチームの皆と綿密な作戦を立ていざミッションへと挑み、無事金を奪うことに成功。しかし仲間の裏切りをきっかけにチームを離れ、誰も自分のことを知らない星へ逃亡するが、そこでも災難に巻き込まれ刑期6年の冤罪を食らってしまい、帝国軍の収容施設で強制労働をする羽目になる…。自由を求め脱出を図るキャシアンだが、彼を取り巻く人の中には帝国に反乱を起こそうとする人たちがいた。ルーセンは、政治活動の水面下で反乱のための資金調達に勤しむモン・モスマと手を組み、帝国に対する反乱組織の革命を計画。キャシアンを古くから知るビックスやキャシアンの義母マーヴァも帝国への抵抗を見せる。
さらに、キャシアンと強奪を実行したチームの一員ヴェルとシンタも怪しい動きを見せ、それぞれのやり方で帝国への反乱の機会を伺っているのだ。そんな中、周囲に反していまだ帝国への反乱の意を見せることのないキャシアン。果たして何をきっかけに「ローグ・ワン」で描かれた“大義”のために身を捧げるような人間に変化し、〈反乱軍〉の一員として立ち上がることになるのか?注目せずにはいられない。
そして「ローグ・ワン」へと直接繋がる物語が描かれている本作には、お馴染みのキャラクターも登場しファンを喜ばせている。
第7話には、「ローグ・ワン」でキャシアンの相棒として登場した帝国軍の警備ドロイドK-2SOと同種のドロイドが登場。「ローグ・ワン」ではキャシアンが反乱軍用に再プログラムした姿で登場したが、果たして7話で登場したあのドロイドがK-2SOなのか?
また、第8話には過激な戦士ソウ・ゲレラが登場するほか、第4話からは「ローグ・ワン」でキャシアンに極秘任務を託したモン・モスマが反乱軍形成に向けて常に動きを見せており、これからキャシアンとどのように出会い手を組むことになるのか、着々と「ローグ・ワン」に近づきつつある物語にファンの期待は最高潮へと高まっている。

ルーク・スカイウォーカーやレイア姫、ハン・ソロなど、「スター・ウォーズ」におけるレジェンドキャラクターが後に活躍することになる〈反乱軍〉。
本作について「スター・ウォーズ」ファンからはSNS上で「確実にのちに反乱軍に繋がることをしてて面白いな!」、「『ローグ・ワン』の反乱軍のキャシアンに近づいてきてる気がする!また次が楽しみ!」など今後の展開に期待の声が上がっている。
〈反乱軍〉誕生の瞬間が徐々に明らかとなってきたが、果たして残り3話でどのような物語が描かれるのか?期待が高まるばかりだ。

ファンから史上最も“泣ける”「スター・ウォーズ」と称された「ローグ・ワン」を手掛けたトニー・ギルロイが再び脚本を担当する本作。
「ローグ・ワン」、そして「スター・ウォーズ」の原点に繋がる新たな物語『キャシアン・アンドー』は毎週水曜日にディズニープラスにて独占配信中!

 

 

▼配信情報┃タイトル:『キャシアン・アンドー』┃配信表記:ディズニープラスにて毎週17時から独占配信中┃クレジット:(C)2022 Lucasfilm Ltd.

 

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください