映画
アニメ

2023年春公開 映画『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』に新谷ゆづみが出演!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

大前粟生の同名小説を原作とした、金子由里奈監督による長編映画『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』(2023年春公開)につきまして、この度物語の鍵を握る白城(しらき)ゆい役として新谷ゆづみさん(『麻希のいる世界』『マイスモールランド』)が出演していることが発表となります。

本作は「おもろい以外いらんねん」「きみだからさびしい」をはじめ繊細な感性で話題作を生み出し続けている小説家・大前粟生さんにとって初の映像化作品で、『21 世紀の女の子』『眠る虫』などで注目を集めた金子由里奈監督による長編商業デビュー作。
大学の「ぬいぐるみサークル」を舞台に、”男らしさ”“女らしさ”のノリが苦手な大学生・七森、七森と心を通わす麦戸、そして彼らを取り巻く人びとを描く物語です。『町田くんの世界』以来の主演作となる細田佳央太さん、『いとみち』などの駒井蓮さんの出演を既に発表しておりましたが、新谷ゆづみさんが共演を果たします。

今回の発表に合わせてスチール二点も解禁。新谷さんからのコメントは以下の通りです。

ぬいサーのみんなの優しさ触れるたび、どこか胸が痛み、後に温かい感情が生まれました。

一人ひとりに優しさの形があって、正解も不正解もない、ただみんな真っ直ぐに優しい。
ですが、ただ優しいだけでは上手くいかない時があって、それを分かっているのが白城だと思っています。向き合いながら話をすること、やさしさってなんだろう、改めて考えされられたキッカケとなりました。

新谷ゆづみ / 白城ゆい 役

尚、本作につきまして、10月7日(金)23:59まで公式サイトにて、本作の完成・国内外への上映支援を求める「サポーター募集」を受け付けております。

 

 

映画『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』作品概要

出演: 細田佳央太 駒井蓮 新谷ゆづみ ほか 

原作:大前粟生「ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい」(河出書房新社 刊)

監督:金子由里奈 脚本:金子鈴幸・金子由里奈 音楽:ジョンのサン

プロデューサー:髭野純 製作・配給:イハフィルムズ                                                                      ©映画「ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい」

 

<Twitter / Instagram>@nuishabe_movie    

<公式サイト>https://nuishabe-movie.com/

 

 

映画『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』2023年春、全国ロードショー

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください