映画
アニメ

ディズニー・アニメーション最新作『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』邦題&公開日&特報解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

数々の作品で、きらめく魔法と想像を超える物語で世界中の観客を驚かせ、そして夢を与え続けているディズニー・アニメーション・スタジオ最新作は、ディズニー史上最も“奇妙な”世界を舞台に親子3世代の壮大な冒険を描いた『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』。本作の日本公開が、2022年11月23日(水・祝)に決定し、まるでアトラクションに乗っているかのようなワクワク感溢れる特報映像が解禁となった。

ディズニー・アニメーション史上初の親子3世代主人公が、“奇妙な”世界の冒険に―
本作の主人公は、伝説的な冒険一家であるクレイド一家。ディズニー・アニメーション史上初めての親子3世代主人公となる彼らが、まだ誰も観たことのない驚くべき“奇妙な”世界へと冒険の旅に出る。
解禁された特報映像で描かれるのは、まるで生きているかのように動く地面やキラキラと光を放ち動く未知の植物、群になってどこかへ向かう魚のような生き物など、ポップで幻想的な淡いピンク色に包まれた世界。なぜ、この“奇妙な”世界にクレイド一家は迷い込んだのか。そして、謎に包まれた<もうひとつの世界>とは?ディズニーランドの人気アトラクションに乗り込んだかのようにワクワク・ドキドキし、思わず心が踊るような未知の世界での新たな冒険が、今はじまる―。

 

 

このディズニー史上最も“奇妙な”世界を作り上げたのは、第87回アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞し、日本でも興行収入90億円を超える大ヒットとなった『ベイマックス』(2014)や『ラーヤと龍の王国』(2021)を手掛けたドン・ホール監督。さらに、ドン・ホール監督と共に『ラーヤと龍の王国』で脚本を務めたクイ・グエンが共同監督と脚本を担当する。『ベイマックス』で東京とサンフランシスコからインスピレーションを得た架空都市“サンフランソウキョウ”を舞台に、優しすぎるロボットと少年ヒロの絆を描き、世界中に勇気と感動を与えたドン・ホール監督が、ディズニー・アニメーション作品の中でも類を見ない程に“奇妙”で幻想的な世界へと観客を誘う。
この冬、まだ誰も見たことのない“奇妙な”世界への壮大な冒険を描いたアクション・アドベンチャー『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』に、ぜひご期待ください。

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください