アニメ

7月15日(金)公開 映画『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』仏コメディ界の風雲児ラショーが影響された作品とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

警察署長の父親の反対を押し切り、役者として夢を追い続けているセドリック。実は心が折れかけていたその時、新作映画「バッドマン」の主役に抜擢される。そう、「バットマン」ではなく「バッドマン」だ。“バッドモービル”に乗り、宿敵“ピエロ”と戦うヒーロー映画。このチャンスを逃してはならないと、セドリックは体を鍛え上げ、武術を学び撮影に挑む。戸惑いながらも撮影初日が順調に終わろうとする中、妹から父親が倒れたという知らせが入る。焦ったセドリックは、バッドスーツのままバッドモービルに乗り病院へと急ぐが、その途中で事故に遭い気絶してしまう。そして目を覚ますと、自分の名前や過去の記憶を失っていた―。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

フランス版『シティーハンター』のチームがアッセンブルした新作アクション・コメディ『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』が7月15日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン 池袋ほかにて全国ロードショーいたします。
この度、監督・脚本・主演を務めた仏コメディ界の風雲児フィリップ・ラショーが、これまでに影響された作品について語るコメントを解禁致します。

 

 

記憶を失くした売れない役者が覚醒する!!
世界の運命は、勘違いヒーローに託された?!
役者のセドリックがやっと掴んだスターへの切符。それは、ヒーロー映画「バッドマン」の主役。しかし、撮影途中に事故に遭い記憶を失ってしまう。なぜこんなスーツを着てこんな車に乗っている?そうか、オレはスーパーヒーローだったのか―!

 

『シティーハンター』を経て、アクション・エンタメの、その先へ―。
監督・主演は、日本の大人気漫画「シティーハンター」をフランスで実写化した『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』を見事大ヒットさせたフィリップ・ラショー。スタントや、見事な実写の仕掛け、洗練された視覚効果を使った壮大なギャグなど、ラショーならではの凝った視覚的なギャグを作り出す着想となった映画についてラショーは
「視覚的なギャグは僕たちを刺激し、物語の構造を発展させるのに役立っているんだ。台詞のジョークなんかより、よっぽど後で手直しするよ。壮大なギャグはたいてい複雑で、計画、創作、実行は高くつくんだけれど、僕たちのDNAに組み込まれたものなんだ。フランシス・ヴェベール(『奇人たちの晩餐会』監督)のコメディを見て育ったんだから。彼こそ、僕がこの業界で働きたいと思わせてくれた監督だよ。アメリカ映画で何よりも大笑いしたのは、ファレリー兄弟の『ジム・キャリーはMr.ダマー』や『メリーに首ったけ』のような作品だね。視覚的ユーモアを多用し、ギリギリの線を攻めたギャグを押し進めたもので、フランスでは誰もあそこまでやろうとした人はいなかった。あと、僕は『グーニーズ』、『ロマンシング・ストーン/秘宝の谷』、それにもちろん『インディ・ジョーンズ』シリーズといった冒険コメディのファンだ。たくさんのユーモアが詰まっているからね。子供の頃、こういった作品に大きな影響を受けたんだ。虜にされるアクションに引きこまれ、大いに笑えてね。僕たちの映画では、観客にコメディを保証しながら、思いがけないボーナス、いい意味でのサプライズとして、冒険も提供する、という考え方が気に入っているよ。映画のチケットがどれだけ高価なものか、心に留めておくことは重要だよ。観客が映画館を去る時に、満足して「面白かった。元は取れたよ」と言うことが基本の基本だからね。」と語る。

 

 

全仏を大熱狂の渦に巻き込んだ『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』は、7月15日より全国公開。

 

出演:フィリップ・ラショー、ジュリアン・アルッティ、タレク・ブダリ、エロディ・フォンタン、アリス・デュフォア

ジャン=ユーグ・アングラード『ベティブルー 愛と激情の日々』、アムール・ワケド『ワンダーウーマン1984』

監督:フィリップ・ラショー/脚本:フィリップ・ラショー、ピエール・ラショー、ジュリアン・アルッティ、ピエール・デュダン/撮影:ヴァンサン・リシャール/音楽:マキシム・デプレ、ミカエル・トルディマン/製作:フィリップ・ラショー、ジュリアン・デリス、デヴィッド・ゴーキェ

2021年/フランス・ベルギー映画/フランス語/83分/シネスコ/5.1ch/字幕:井村千瑞/映倫G

原題:Superwho?/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム/badman-hero.com

 

©CINÉFRANCE STUDIOS – BAF PROD – STUDIOCANAL – TF1 STUDIO – TF1 FILMS PRODUCTION ©STUDIOCANAL ©Julien Panie

 

7月15日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン 池袋ほか全国ロードショー

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください