ゲーム

映画『恋は光』現役大学生も「恋したくなった!」人続々!メイキング写真解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

“恋の光が視える”

その特異体質ゆえに恋を遠ざけていた男が、ついに恋を知る―!?

“恋する女性が光って視える”特異な体質を持つ大学生・西条。恋愛とは無縁の学生生活を送っていたある日、「恋というものを知りたい」と言う文学少女・東雲と出会い一目惚れ、“恋の定義”を語り合う交換日記を始めることに。そんな2人の様子は、西条にずっと片想いをしている幼なじみの北代の心をざわつかせる。さらに、他人の恋人を略奪してばかりの宿木は、西条を北代の彼氏と勘違いし、猛アプローチを開始。いつの間にか4人で”恋とはなんぞや?”を考えはじめ、やがて不思議な四角関係に…。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

この度、秋★枝氏による同名人気コミックを、神尾楓珠主演、西野七瀬ヒロインで映画化した『恋は光』(6月17日(金)より全国ロードショー)より、メイキング写真を解禁致します。是非とも本情報のニュース掲載をご検討くださいますよう宜しくお願いいたします。

 

原作は、“恋する女性が光を放ってキラキラして視える”という特異な体質を持つ男子大学生の初恋を描き、恋愛感情に振り回されながらも、“恋って何だろう?”と「恋」の定義について考察する主人公たちに、ウルトラジャンプ連載時から共感の声が多く寄せられ話題となった、「恋は光」。“恋の光”が視える西条はある日、「恋というものを知りたい」と言う文学少女・東雲と出会い一目惚れ、“恋の定義”を語り合う交換日記を始めることに。そんな2人の様子は、西条にずっと片想いをしている幼なじみの北代の心をざわつかせる。さらに、他人の恋人を略奪してばかりの宿木は、西条を北代の彼氏と勘違いし、猛アプローチを開始。いつの間にか4人で”恋とはなんぞや?”を考えはじめ、やがて不思議な四角関係に……。数千年もの間、人類誰しもが悩んできた「恋」を、果たして彼らは解くことができるのか―?そして、それぞれの恋の行方はー? “恋の光”が視える大学生・西条を演じるのは、いま最も注目を集めている俳優・神尾楓珠。西条にずっと片想いをしながらも「光っていない」と言われてしまう幼なじみの北代を、西野七瀬が演じ、共演には、平祐奈馬場ふみかが顔を揃える。脚本・監督は、『ももいろそらを』(13)、『殺さない彼と死なない彼女』(19)と、美しい画作りが国内外から高く評価されている小林啓一。風光明媚な、情緒に溢れたロケーションは、原作の空気感を捉えている。

 

恋の光が視える男と3人の女子大学生が恋についてあれやこれやと語り尽くす本作は、主人公・西条が通う大学をメイン舞台に物語が展開されていく。北代とは昔からの幼なじみだが、西条が一目惚れしてしまう文学少女・東雲や、人の彼氏を奪いたくなってしまう悪癖を持つ宿木とは、このキャンパスライフの中で出会うこととなる。そして、4人は「恋とは何ぞや?」を考えはじめ、やがて不思議な四角関係になっていく。

今回解禁するのは、大学での撮影のメイキング写真。クセのある会話劇が一味違う恋愛映画を創り出している本作だが、西条が「恋の定義をしてみませんか?」と東雲を交換日記に誘うシーンの撮影で、小林啓一監督から演出を受ける様子が切り取られている。

また、ロケ地となった岡山県のIPU・環太平洋大学では、一足先に先行試写会が実施された。上映後には学生から、「恋したくなった!」「恋に対する考えが変わった」という声が続々。本作では4人のキャラクターたちが「恋とは何か」を本気で探究していく姿が描かれるが、本作を観た学生たちからも、恋について、「恋とは、ワクワクするもの」「恋とは、気づいたらしているもの」「恋とは、嬉しい、楽しい、悲しい、様々な気持ちで溢れていること」など様々な<恋の定義>が飛び交った。

小林啓一監督は、本作を映画化するにあたり、ここまで「恋」について考えたことはないというほど、とことん「恋」と向き合い続けた。そんな小林監督は、本作に込めた想いを次のように語る。

「恋は、自分のグレードがひとつ上がるもの、自分を奮い立たせるエネルギーがある、元気が出るものではないかと思います。人とのつながりが希薄になり、暗い雰囲気になりがちな特にこそ、明るく希望があるもの、人を活性化させるものはとても大切だと思います。恋愛映画は、社会派なテーマを扱う作品に比べると時に軽視されがちな部分もあると思いますが、恋は私たちにとって、同じくらい尊いものだと思います。この作品を観て、恋がたくさんの人の光になってもらいたい。映画を観た後に、恋っていいな、と思って頂けたらと思います」

監督、キャストたち皆が、とことん「恋」と向き合い、「恋」を探究した本作だからこそ、観終わった後には誰かと「恋」について誰か語りたくなるだろう。

 

 

【クレジット】

神尾楓珠 西野七瀬 平祐奈 馬場ふみか 伊東蒼 宮下咲 花岡咲 森日菜美 山田愛奈 田中壮太郎

脚本・監督:小林啓一

原作:秋★枝「恋は光」(集英社ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ刊)音楽:野村卓史

劇中歌:She & Him 「Sentimental Heart」(Merge Records/Bank Robber Music)

エグゼクティブプロデューサー:小西啓介

コー・エグゼクティブプロデューサー:堀内大示プロデューサー:滝田和人 青木真代 松嶋翔

共同プロデューサー:岡本圭三

協力プロデューサー:大杉真美

撮影:野村昌平

録音:日高成幸

プロダクションデザイナー:竹渕絢子 齋藤しおり

装飾:田中悠希

持ち道具・絵画制作:市川知美

衣裳:阿部公美

ヘアメイク:夏海

VFXスーパーバイザー:桑本祥一

助監督:中田博之

音楽プロデューサー:和田亨

キャスティングディレクター:杉野剛

制作プロダクション:グラスホッパー/NeedyGreedy

製作:映画「恋は光」製作委員会

製作幹事:ハピネットファントム・スタジオ

配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ/KADOKAWA

©秋★枝/集英社・2022 映画「恋は光」製作委員会2021年/カラー/アメリカンビスタ/5.1ch/111分

公式サイト:https://happinet-phantom.com/koihahikari/

Twitter・Instagram:@koihahikarimv

#恋は光 #こいひか

 

2022年6月17日(金)全国ロードショー

 

 

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください