アニメ

映画『アンネ・フランクと旅する日記』製作の裏側を大公開!特別映像解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

「不思議だわ。これほど人間の邪悪な面を見てきても、今なお心の底で私は信じてる。人間の本質は“善”なのだと―――」
現代のオランダ・アムステルダム。激しい嵐の夜、博物館に保管されているオリジナル版「アンネの日記」に異変が起きた。突然、文字がクルクルと動き始めて、キティーが姿を現したのだ!時空を飛び越えたことに気づかないキティーだったが、日記を開くと過去へさかのぼってアンネと再会を果たし、日記から手を離すとそこには現代の風景が広がっていた。目の前から消えてしまったアンネを探して、キティーは街を疾走する……。

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

映画『アンネ・フランクと旅する日記』(原題:Where Is Anne Frank)が全国公開中です。

2009年にユネスコの「世界記憶遺産」に登録され、「世界で最も読まれた10冊」のうちの1冊に挙げられた「アンネの日記」。これまで幾度となく映像、舞台化されてきたが、本作はアニメーションでしか表現し得ないアプローチで、アンネ・フランクの生涯を、彼女が生み出した“空想の友達”キティーの視点でたどっていく。監督は、<アニメーション映画>として初めてアカデミー賞<外国語映画賞>にノミネートされ、ゴールデングローブ賞を受賞した『戦場でワルツを』のアリ・フォルマン。「アンネの日記」をもとにイマジネーションと遊び心に満ちた現代のパートを新たに創出、ふたりの少女の姿を等身大に瑞々しく描いた。キティーと旅した私たちは、閉ざされた日々にあっても人生を肯定したアンネの美しさを再発見するとともに、今、世界で何が起きているかを再認識させられる。彼女が願い続けた「すべての人が尊重されること」。この祈りにも似た物語は、未来を信じたアンネから、現代によみがえったキティーを経て、観るものすべてに手渡される希望のバトンとなることだろう。

 

今回解禁するのは、本作の製作の裏側を描いた特別映像。アンネ・フランク基金(※1)が全面的に協力した本作は、2009年から始動し、「アンネの日記」が出版されて75周年を目指し、昨年のカンヌ国際映画祭に初お披露目、そして日本ではちょうど75周年目の2022年にようやく公開となった。アンネ・フランク基金は制作の意図について、「「アンネの日記」は時代を超えて読み継がれているものの、時代とともに変化したストーリーテリングの技術や歴史の理解を踏まえ、現在、そして未来の世代に伝えていくため、“新しい言語=アニメーション映画”の必要性を感じていた」と語っている。脚本・監督を依頼されたアリ・フォルマンは、奇しくもアウシュヴィッツ強制収容所を生き延びた両親を持つ。

 

「基金は、ホロコーストの物語を伝える新しい方法を探していた」と振り返る。その際、フォルマンへの注文はふたつ。「現在と過去をつなぐこと」、「アンネが最期を迎えるまでの7ヶ月間を描くこと」。つまり日記には書かれていないその先の、ホロコーストについても、現代の子どもや若者たちに語り継ぐという難題がフォルマンに託された。注文をクリアにするために、フォルマンは「アンネが空想した親友キティーに命を吹き込み、キティーを現代によみがえらせて物語を紡ぐ」という大胆な秘策を思いつき、アニメーションだからこそ可能にした表現方法で、過去から学び未来に繋がる物語として完成させた。

 

また本作は、アンネを通して現代の問題に目を向けさせる。アンネ・フランク基金は「今なお多くの子どもたちが紛争地域から逃れ、命の危機にさらされている。私たちが変化をもたらすためには、過去から学ぶ必要があるのではないでしょうか。「アンネの日記」を通して、過去を思い起こし、歴史の教訓を学び、ともに生き、対話することで、平和へ向かうように行動する必要があるのです」と強調する。そして、2月16日に行ったオンラインインタビューで、次のように締めくくった。「戦争を繰り返さないという議論ももちろん大切だけど、とにかく話し合うことが必要なんだ。テーブルについて、武器ではなく言葉で問題を解決していくべきだと思う」。

 

~「アンネの日記」とは?~
第二次世界大戦下、アンネ・フランクが“空想の友達”キティー宛に綴っていた日記。1942年6月12日、13歳の誕生日に父・オットーから贈られたチェック柄の日記帳に、ナチスから身を潜めていた隠れ家での生活やペーターとの初恋などを書き連ねた。1947年、アウシュヴィッツを生き延びたオットーによって初出版。現在は、オランダ・アムステルダムの博物館「アンネ・フランクの家」に保管されている。

 


 

原案:「アンネの日記」(ユネスコ「世界記憶遺産」2009年登録)
協力:アンネ・フランク基金
文部科学省<特別選定>作品(青年/成人/家庭向き)<選定>作品(少年向き)

監督・脚本:アリ・フォルマン(『戦場でワルツを』)
声の出演:ルビー・ストークス/エミリー・キャリー
2021年/ベルギー・フランス・ルクセンブルク・オランダ・イスラエル/英語/99分/ビスタサイズ/5.1ch
原題:Where Is Anne Frank/日本語字幕:松浦美奈/映倫:G
© ANNE FRANK FONDS BASEL, SWITZERLAND
後援:オランダ王国大使館/イスラエル大使館
配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ

happinet-phantom.com/anne    公式Twitter:@anne_movie2022

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください