ゲーム

映画『ハケンアニメ!』本予告映像解禁!主題歌はジェニーハイに決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

連続アニメ『サウンドバック 奏の石』で夢の監督デビューが決定した斎藤瞳。だが、気合いが空振りして制作現場には早くも暗雲が…。瞳を大抜擢してくれたはずのプロデューサー・行城理は、ビジネス最優先で瞳にとって最大のストレスメーカー。「なんで分かってくれないの!」、だけど日本中に最高のアニメを届けたい!そんなワケで目下大奮闘中。最大のライバルは『運命戦線リデルライト』。瞳も憧れる天才・王子千晴監督の復帰作だ。王子復活に賭けるのはその才能に惚れ抜いたプロデューサーの有科香屋子…しかし、彼女も王子の超ワガママ、気まぐれに振り回され「お前、ほんっとーに、ふざけんな!」と、大大悪戦苦闘中だった。瞳は一筋縄じゃいかないスタッフや声優たちも巻き込んで、熱い“想い”をぶつけ合いながら “ハケン=覇権” を争う戦いを繰り広げる!!

その勝負の行方は!? アニメの仕事人たちを待つのは栄冠か? 果たして、瞳の想いは人々の胸に刺さるのか?

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

直木賞&本屋大賞受賞作家 辻村深月の大人気小説を映画化!
世界中が注目する日本のアニメ業界を舞台に、最も成功したアニメの称号
=「ハケン(覇権)」を手にすべく奮闘する者たちの姿を描いた、“胸熱”お仕事ムービー『ハケンアニメ!』(配給:東映)が5月20日(金)より全国公開!

 

 

一世一代の大チャンスを掴んだ新人監督・斎藤瞳を吉岡里帆、彼女のライバルとなるワガママ天才監督・王子千晴を中村倫也、瞳を振り回すつかみどころのない超クセ者プロデューサー・行城理を柄本佑、王子の才能に人生を懸ける作品命のプロデューサー・有科香屋子に尾野真千子と、実力派俳優陣が集結。監督は、『水曜日が消えた』の吉野耕平。劇中アニメの制作にProduction I.Gをはじめ、日本を代表するトップクリエイター陣が参加。実写本編の監修は東映アニメーションがつとめる。
愛と情熱と誇りを胸に闘う仕事人たちの姿は、日々を懸命に生きる誰しもが、共感すること間違いなし!

 

 

そんな本作の主題歌は、ジェニーハイによる書き下ろし新曲「エクレール」!
ゲスト・ヴォーカルとして高野麻里佳が参加!

 

 

主題歌は、ドラムに小籔千豊、ベースにくっきー!(野性爆弾)、キーボードに新垣隆、ボーカルに中嶋イッキュウ(tricot)、ギター&プロデュースで川谷絵音(ゲスの極み乙女。 / indigo la End)という他に類をみないほどに個性的で錚々たるメンツから成るスペシャルバンド、「ジェニーハイ」が提供!川谷絵音が、作詞・作曲/編曲を手掛けた書き下ろし新曲「エクレール」(unBORDE/WARNER MUSIC JAPAN)は、アニメ業界の個性豊かでエネルギッシュなイメージが伝わる唯一無二の楽曲に仕上がっており、吉岡里帆演じる主人公・斎藤瞳の好物としてたびたび劇中に登場する「エクレア」をモチーフにしたタイトルとなっている。川谷は「映画がとにかく面白くて、それに負けない曲を作ろうと気負ったせいで何回もボツにしてしまいました。”ポップスとは何ぞや”を今までで一番考えた気がします。その苦難のせいか結果的にアニメ業界で覇権を取るべく葛藤する登場人物たちにより感情移入できた気がします。」と、楽曲に込めた想いを語っている。
そんな主題歌について、主演の吉岡里帆は「初めて聞いた時、思わず”可愛い”と声が出ました。素敵な主題歌を作って頂き、一出演者としてとても嬉しいです! 」と、コメントを寄せている。

 

 

そして、さらにはなんと!人気アイドル声優 「群野葵」役で本作に出演している声優・高野麻里佳が、ゲスト・ヴォーカルとして参加!また、本作の劇中アニメ『サウンドバック 奏の石』と、『運命戦線リデルライト』の声優を務めた、梶裕貴、潘めぐみ、高橋李依、花澤香菜といった超豪華声優陣も掛け声で参加し、【ジェニーハイ×『ハケンアニメ!』】の超密接なスペシャルコラボレーションが実現!

川谷絵音が本作から声優陣とのコラボレーションをイメージして書き下ろした楽曲は、ジェニーハイの爽快感あるサウンドと、高野の明るい歌声がマッチした仕上がりとなった。高野は本楽曲への参加について、 「初の映画で主題歌まで参加させていただき、とても光栄に思います。 」と喜びを語っている。

 

 

登場人物たちの仕事に対する熱い想いがぶつかり合う、“胸熱”本予告&本ポスターが完成!

 

 

 

主題歌「エクレール」が初解禁となる本予告映像は、吉岡演じる新人監督・瞳が「観てくれた人に魔法をかけられるような作品を作りたい」と真剣な表情で語るシーンからスタートする。そして、瞳を振り回すクセ者プロデューサー・行城(柄本)、スランプ中のワガママな天才監督・王子(中村)、王子の才能に人生をかける敏腕プロデューサー香屋子(尾野)がそれぞれのアニメ制作への想いをぶつけるシーンが映しだされる中、瞳が王子に「私、負けません。全部勝って、覇権を取ります!」と宣言!二組の監督&プロデューサーの【ハケン(覇権)アニメ】を賭けた闘いが始まるー。その後、もうあとがない瞳が、行城や周りのスタッフたちと、時にぶつかり合いながら、一心不乱にアニメを作り上げていく姿と、対する王子と香屋子の作品作りに対する真摯な想いが、主題歌「エクレール」にのせて、時に劇中アニメの映像とシンクロしながら、テンポよく描かれていく。登場人物たちが自分の“好き”なものに対して、妥協せず真っ直ぐに向き合う姿にエールを贈りたくなるような“胸熱”な仕上がりになっている。
さらに、併せて本ポスターも完成!真ん中に据えられたコピー「好きを、つらぬけ。」が目を引く本ポスターには、瞳・王子・行城・香屋子だけでなく、アニメーター、脚本家、編集、声優、宣伝マンなどアニメ業界を盛り上げるために不可欠なキャラクターたちも登場。本作が様々な仕事人たちの姿を描いていることを表している。それぞれの熱い“想い”をぶつけあいながらアニメの頂点を目指す二組のアニメ制作チーム。その勝敗の行方は!?究極の“胸熱”お仕事ムービーに期待いただきたい。

 

 

■ジェニーハイ 川谷絵音 コメント

映画がとにかく面白くて、それに負けない曲を作ろうと気負ったせいで何回もボツにしてしまいました。”ポップスとは何ぞや”を今までで一番考えた気がします。その苦難のせいか結果的にアニメ業界で覇権を取るべく葛藤する登場人物たちにより感情移入できた気がします。
声優の皆さんにも楽曲に参加して頂き、これまでにないポップなジェニーハイが誕生しました。是非映画と共にお楽しみ下さい。

 

■吉岡里帆 コメント

初めて聞いた時、思わず”可愛い”と声が出ました。
作中アニメーションの色感と通ずる所があり、ピュアで熱量のある音が劇場を出た時に気持ち良く余韻として残りそうだなと思います。
エクレアは本編でも登場し、心情を伝える大切なアイテムです。映画に出てくるエクレアを思い出しながら聴くとまた違った良さを感じられるかと思います。
素敵な主題歌を作って頂き、一出演者としてとても嬉しいです!

 

■高野麻里佳 コメント

初の映画で主題歌まで参加させていただき、とても光栄に思います。「エクレール」は経験したことのないテクニカルなレコーディングをしました。
完成音源のパワーに、ジェニーハイさんが作り出す音楽の凄さを見せつけられた気がします。クリエイターなら誰もがグッときてしまう、歌詞にも注目してほしいです!

 

 

<映画『ハケンアニメ!』作品情報>

■出演:吉岡里帆 中村倫也 工藤阿須加 小野花梨 高野麻里佳 六角精児 柄本 佑 尾野真千子

■原作:辻村深月「ハケンアニメ!」(マガジンハウス刊)

■監督:吉野耕平

■脚本:政池洋佑

■音楽:池頼広

■主題歌:ジェニーハイ「エクレール」(unBORDE/WARNER MUSIC JAPAN)

■制作プロダクション:東映東京撮影所

■配給:東映

■コピーライト:©️2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

■公式サイト:haken-anime.jp

■公式SNS:@hakenanime2022

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください