映画
アニメ
ゲーム

劇場版トライガン完成記念 内藤泰弘トークショー!「気がつけば漫画家生活15周年・内藤泰弘と愉快な仲間たちの集い」レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

4月24日より公開される劇場版『トライガン -Badlands Rumble-』の完成を記念して、4月8日に「気がつけば漫画家生活15周年・内藤泰弘と愉快な仲間たちの集い」と題して、内藤泰弘さんを囲んで、西村聡監督をはじめ「トライガン」を一緒に作り上げてきた仲間たちが集まり、ワイワイガヤガヤと盛り上がるトークイベントが新宿ロフトプラスワンで開催された。


会場は満席。お客さん同士が初対面の筈なのに、何故か同窓会のような「お久しぶり!元気?」のような雰囲気(イベントの中盤で、お客さんの大半がTV版の本放送を観ていた叩き上げのファンであることが判明)。イベントのスタート時間を待っていると、メインゲストの内藤泰弘さんと、ヴァッシュ・ザ・スタンピード役の小野坂昌也さんがステージに登場し、お客さんの興奮はお祭りマックス状態に。前説的に登場したと言う二人は、すでに控室で仲間同士の会話とお酒でかなり盛り上がってきたようで、内藤さんは開口一番「疲れて、もうダメです」発言。すると小野坂さんが「なんで、あそこで(控室で)出しきっちゃてるの?まだ始まってないからね!」と芸の域までに完成されたボケとツッコミで事実上のイベントスタート!



一旦、二人が控室に戻り、司会を務めるライターの小林治さんが登壇して改めてゲストを紹介。まずは内藤さん、西村聡監督、作画監督の吉松孝博さんらステージに登場し、まだ始まったばかりとは思えない(イベントはこれから3時間、夜11時まで続いた)ハイテンショントークを展開。引き続き、TV版の脚本を担当した黒田洋介さん、そして小野坂さんがケーキを携えて再登場(8日は内藤さんの誕生日だった模様)。誕生日セレモニーにいくかと思われた刹那、内藤さんがいきなりケーキのロウソクの火を(小野坂さんの好意とともに)吹き消すお約束的暴挙をかます一幕も。脱線しまくりの内藤さんと小野坂さんだったが、小林さんの”動じない采配”により、イベントは殆どブレることなく着々と進行。まずはTV版「トライガン」のお気に入りシーンということで、内藤さんは第1話(保安官事務所からでてくる賞金稼ぎのシーンを、内藤さん曰く壁が崩壊している事務所の”扉”からわざわざ出て行くのが可笑しいとのこと)、小野坂さんは18話(リナがヴァッシュの髪を切りながら別れを告げるシーン)を、吉松さんは23話のGUN-HO-GUNSのケインの登場シーンを、黒田さんは同じく23話のウルフウッドが絶命するシーン、西村監督は最終回をチョイスし各々の思い入れを語った。その他にも、TV版OPに内藤さん自らが書いたヴァッシュのカットがあるなど、書ききれないほどの量の裏話と暴言?がゲストから奔流のごとく溢れだし、爆笑のうちに第一部が終了。のはずが、休憩時間も内藤さんと小野坂さんがステージ上で喋り続け、黒田さんと西村監督が「この休憩時間でお客さんのオーダーを取るんだから、お前ら察しろよ!」と二人に教育的指導を行い、内藤さんと小野坂さんが、怒られた時のヴァッシュのようにしぶしぶ引き上げて第一部が終了。



続く第2部では、いよいよ劇場版について語ろうということで、まずは、海外でも「トライガン」が熱い!という証拠として、アメリカのロスサンゼルスとシアトルでのアニメコンベンションの模様を映したビデオが上映され、その中で女性ファンの胸にサインする西村監督らを見た小野坂さんが「俺も呼べよ!!」と、仕事としてなのか、男性としてなのか分からない絶叫をあげ、さらに「劇場版の製作が発表された時自分には声がかかっていなかった」(実際には監督含めスタッフが、ヴァッシュのキャストを変更するという発想自体がなかった為と判明)と発言するなど、こんなことまで話していいの?というくらい面白い暴露話が飛び出すなど、小野坂さんが「トライガン」への想いを一番熱く語っているにも関わらず、最も疎外されているという、ちょっと哀しくも”微笑ましい?”人間模様が繰り広げられた。また、劇場版がついに完成したことについて感極まった小野坂さんが「トライガンの劇場版ができたのは奇跡。本当にこの作品ができたのはファンの皆さんのおかげです」と真面目に語るも、内藤さんはじめ周りの悪友たちのツッコミで、微妙に台無しに・・・しかし、一見乱暴な会話のやりとりの中にも「トライガン」を通して”仲間”として付き合ってきた男たちの友情というか、何かそういったものが伝わってきて何故か心がホッするというイベントであった。
劇場版『トライガン -Badlands Rumble-』はいよいよ4月24日より公開!とりあえず、私は劇場版に備えてTV版を復習しておきます。


西村監督から、皆さんへ挨拶をいただきました。
「エンタジャムをご覧のみなさん、トライガンの劇場版が4月24日公開になります。12年という時間が経っていますけども、僕らの精魂を込めて作らせていただきました。絶対に損はさせないので是非とも劇場でご覧下さい。よろしく!ラブアンドピース!」
※ご注意 西村監督の前と後ろを横切っているのは、イベント後の興奮が冷めやらぬ小野坂さん。男たちの固い友情の絆が感じられる、微笑ましい?シーンですね。


劇場版『トライガン -Badlands Rumble-』
監督: 西村聡   原作: 内藤泰弘 
脚本: 小林靖子
ストーリー原案: 内藤泰弘、西村聡 
キャラクターデザイン: 吉松孝博 
メカニックデザイン: 神宮司訓之 
音楽: 今堀恒雄 
制作: マッドハウス
配給:クロックワークス
声の出演
ヴァッシュ・ザ・スタンピード:小野坂 昌也
ニコラス・D・ウルフウッド:速水奨
メリル・ストライフ:鶴ひろみ 
ミリィ・トンプソン:雪野五月 
ガスバック・ガロン・ゲッタウェイ:磯部勉 
アメリア・アン・マクフライ:坂本真綾
[公式サイト]
(C)内藤泰弘/少年画報社・トライガン製作委員会

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください