映画
アニメ

マーベル最新作『ブラックパンサー』、超文明国家ワカンダの秘密に藤岡弘、探検隊が挑む!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


「アベンジャーズ」シリーズのマーベル・スタジオが放つアクション・エンターテイメント最新作『ブラックパンサー』が2018年3月1日より全国公開となる。

今回、日本を代表するヒーローであり探険家でもある藤岡弘、が本作の舞台となるアフリカにある架空の国「ワカンダ王国」に迫る特別映像が解禁された。

今回解禁となる映像は、藤岡弘、探検隊が某政府機関からの依頼により、未知の物質≪ヴィブラニウム≫を調査し、その謎を解くために“ワカンダ王国”を目指すというもの。超文明国でありながら、他国にはその素性を見せないワカンダを目指し、世界各国をめぐる藤岡隊長は、残された手がかりを元にある秘境の地にたどり着く。そこで探検隊を待ち受ける試練とは……。迫りくる罠、そして彼らに迫る謎の影…最後にはあの有名ヒーローからのヒントも…?藤岡弘、探検隊はワカンダにたどり着くことができるのか!? 

藤岡弘、さんが、日本のヒーロー界を背負ってきたレジェンドであり、探検家としてもしられることから実現したこの企画。ヒーローを知り尽くし、秘境へも物怖じしない強い探究心を持っている藤岡さんがブラックパンサーのルーツである“ワカンダ”、そして本作のキーアイテムとなる≪ヴィブラニウム≫を探し奮闘をする特別映像となっている。藤岡さんは、今回の撮影について「撮影はとても楽しかったよ!これまでも今回訪れたような密林地帯のロケ地には来たことがあったんだ!」と、過酷にも思えるロケ地での撮影をもろともしない様子。そして、本作の魅力について聞かれると「僕はずっとこんな作品が作りたかったんだ。これは、本質的なヒーロー像を描いている映画でもあり、愛を描いている映画。どんな人でも感動出来る素晴らしい作品だよ!」と大絶賛した。

本作の監督はロッキー・シリーズとして歴代新記録を打ち立てた『クリード チャンプを継ぐ男』の新鋭ライアン・クーグラー。主演は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でもブラックパンサーを務めたチャドウィック・ボーズマン。ヒロインには『それでも夜が明ける』でオスカーを掴んだ女優のルピタ・ニョンゴ。さらに、『クリード チャンプを継ぐ男』で主役を務め、監督からの信頼が厚いマイケル・B・ジョーダンが、ブラックパンサーの秘密を狙う敵として登場、そして『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に続きCIA捜査官エヴェレット・ロス役を「SHERLOCK シャーロック」シリーズのジョン・ワトソン役で人気のマーティン・フリーマンが務めている。

『ブラックパンサー』
2018年3月1日(木) 全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)Marvel Studios 2017
公式HP:MARVEL-JAPAN.JP/blackpanther

Amazon商品ページ:ブラックパンサー・ザ・アルバム

Amazon商品ページ:【ムービー・マスターピース】『ブラックパンサー』1/6スケールフィギュア ブラックパンサー

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください