アニメ

『スプリット』のアニヤ・テイラー=ジョイ主演『ウィッチ』日本公開決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


魔女をテーマにして全米大ヒット&3週連続ランクインしたサンダンス映画祭監督賞受賞作品『ウィッチ』が7月22日より新宿武蔵野館ほかにて全国公開が決定した。

今回、本作の予告編&場面写真が一挙解禁!

今回解禁された予告編では、村を追われたひとつの家族が、子供が行方不明になったことをきっかけに、狂気に陥ってゆく姿を不気味な音楽と共に描かれており、色味の少ない無機質な風景がより一層恐怖を感じさせる映像となっている。

本作は全世界24の映画祭に招待され、ファンの圧倒的な支持を獲得した新感覚のダーク・ファンタジー・ホラー。監督のロバート・エガースは当作品で、サンダンス映画祭監督賞を受賞。定評ある演出で次回作は、ホラー映画史に残る『吸血鬼ノスフェラトゥ』(1922)のリメイクの監督に大抜擢され、今や新鋭監督として最も期待される存在となった。主演のアニヤ・テイラー=ジョイは昨年、英国アカデミー賞(英国映画テレビ芸術アカデミー)において若手の俳優・女優に送られるライジングスター賞(過去にはジェームズ・マカヴォイ(2006年)、クリステン・スチュワート(2010年)、トム・ハーディ(2011年)が受賞)にノミネート。そして、本作での圧倒的な存在感と評価でM.ナイト・シャマラン監督の『スプリット』(2017)のヒロインやリドリー・スコットの息子ルーク・スコット監督作品『モーガン プロトタイプL-9』(2016)へと抜擢された。先日行われた第70回カンヌ国際映画祭では新人賞にあたるショパール・トロフィーを授与され、今後もM.ナイト・シャマラン監督の次回作への出演、X-MENのスピンオフ映画『New Mutants(原題)』への出演も決定!今後も続々と話題作への出演が予定されている今見るべき女優の一人となっている。

【ストーリー】
1630年、ニューイングランド。父ウィリアム(ラルフ・アイネソン)と母キャサリン(ケイト・デッキー)は、5人の子供たちと共に敬虔なキリスト教生活をおくる為、森の近くの荒れ地にやって来た。しかし、赤子のサムが何者かに連れ去られ、行方不明に。連れ去ったのは森の魔女か、それとも狼か。悲しみに沈む家族だったが、父ウィリアムは、美しい愛娘トマシン(アニヤ・テイラー=ジョイ)が魔女ではないかと疑いはじめる。疑心暗鬼となった家族は、やがて狂気の淵に陥っていく・・・。

『ウィッチ』
7月22日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
(C)2015 Witch Movie,LLC.All Right Reserved.
配給:インターフィルム  
公式HP:http://www.interfilm.co.jp/thewitch/

【場面写真】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロード・オブ・セイラム【Blu-ray】 [ シェリ・ムーン・ゾンビ ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2017/5/31時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください