映画
アニメ
ゲーム

パンクスVSネオナチ極限のバトル!『グリーンルーム』予告編解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

GREEN ROOM

孤独なホームレスの静かなる復讐劇『ブルー・リベンジ』で世界中の映画祭で大きな注目を集めた新進気鋭の映画作家ジェレミー・ソルニエ待望の最新作『グリーンルーム』が2017年2月11日(土)から新宿シネマカリテ他で全国順次公開となる。

今回、新世代の傑作アクション・スリラーとなる本作の予告編が解禁された。

本作は、『スター・トレック』シリーズの航海士チェコフ役で知られ、今年6月に不慮の事故で亡くなったアントン・イェルチンが主演を務め、共演に『マイ・ファニー・レディ』で魅力的な天然のコールガール、イジーを演じて注目を集めるイモージェン・プーツ。さらに『新スタートレック』のピカード艦長や『X-MEN』のプロフェッサーXなど正義のイメージが強い名優パトリック・スチュワートが極悪なネオナチ・リーダーを演じる、新世代の傑作アクション・スリラー。

今回、公開された予告編は、古いワゴンで貧乏ツアー中のパンクバンド「エイント・ライツ」が、とあるライブハウスへの出演が決まったところから始まる。観客はゴロツキばかりの不穏な会場の中、無事に演奏を終える「エイント・ライツ」だが、楽屋に戻ると、なんとそこには一体の死体が転がっていた!すぐさま逃げ出そうとするメンバー達だったが、スキンヘッドの従業員たちによって、楽屋に監禁されてしまう。しばらくすると、一人の男(パトリック・スチュワート)が登場し、低い声でドアの外から話しかけてくる。「君たちは銃を手に立てこもったガキどもだ。困っただろう?」。その男こそ、このライブハウスのオーナーであり、恐怖のネオナチのボスだった!彼は躊躇することなく部下たちに目撃者の抹殺を命じる。

恐怖に震えるベースのパット(アントン・イェルチン)は、一緒に閉じ込められた少女アンバー(イモージェン・プーツ)に問う。「やらなきゃダメかな――?」 もちろん、このまま何もしなければ、死ぬのは明白だ。死にたくなければ、戦わねば―! しかし、パット達の手には限られた武器と少数の味方しかいない。対する、ネオナチ軍団は完全装備の猛者ばかり。圧倒的な不利な状況下で、知恵と勇気と反骨精神を振り絞り、パンクスの反撃が始まる。果たして彼らは無事に楽屋を脱出し、生き延びることが出来るのだろうか――!?

今年4月に全米公開され、週末スクリーンアベレージ成績で興収No.1を獲得した本作は、先ごろアカデミー賞前哨戦のひとつとして注目される【ナショナル・ボード・オブ・レヴュー賞】のインディペンデント映画トップ10にも選出された。監督ジェレミー・ソルニエの名声はさらに高まり、最近ではベニチオ・デル・トロ&ジョシュ・ブローリンで企画される大ヒット作『ボーダーライン』の続編における監督候補にも名前が挙がったほど。現在のインディペンデントシーンでは最重要人物といっても過言ではない。ぜひ、21世紀のサム・ペキンパーと評される気鋭作家が紡ぎだす、手に汗握る極限のスリルを体感して頂きたい!

【ストーリー】
売れないパンクバンド「エイント・ライツ」がようやく出演できたライブ会場は、なんとネオナチの巣窟だった!運悪く舞台裏の殺人現場を目撃してしまったバンドメンバー達は、全員命を狙われるはめに。圧倒的に不利な状況の中、楽屋に閉じこもったメンバー達は知恵と反骨精神を武器に、ネオナチ軍団に立ち向かう!

『グリーンルーム』
2017年2月11日(土)新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
監督・脚本:ジェレミー・ソルニエ
出演:アントン・イェルチン、イモージェン・プーツ、パトリック・スチュワート
(C)2015 Green Room Productions, LLC. All Rights Reserved.
公式HP:www.transformer.co.jp/m/greenroom/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブルー・リベンジ【Blu-ray】 [ メイコン・ブレア ]
価格:4111円(税込、送料無料) (2016/12/6時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください