アニメ

『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』凶悪過ぎる悪役ダニエル・ラドクリフの姿がついに解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『グランド・イリュージョン』ポスター

観た者が必ずダマされる、実際に実現可能なトリックだけを使う大型イリュージョン・アクション作品『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』が9月1日(木)から全国公開となる。

今回、本作のポスターと予告編が解禁された。

到着したポスターは、悪の天才科学者にして、フォー・ホースメンを追い詰めるダニエル・ラドクリフを中心に、主要な登場人物が勢揃い。何故悪役である彼を中心においているのか?不穏な笑顔を浮かべるその姿と、この構図にも何か仕掛けがあるのか、映画のストーリーが一層気になるビジュアルとなっている。

そして映像中では、正義の魔法使いから一転、悪の天才科学者・ウォルターとして登場するラドクリフの凶悪過ぎる姿がついに明らかになる。フォー・ホースメンを拉致することに成功したウォルターは、にこやかな表情で彼らに盗みを働くよう命令する。ところが、「やるわけない」と否定されると一瞬で笑顔をなくし、真顔で「やらないなら殺す」というセリフを口にする。予想を遥かに超える、狂気の科学者の姿には誰もが驚かされるはずだ。

常に一手先を行き、彼らを追い詰めていくウォルターに対し、ホースメンが仕掛ける、ロンドンを乗っ取っての一発逆転の大勝負の行方は?登場人物たちの思惑が入り乱れながら進んでいく映像からは、物語そのものにも驚愕の“イリュージョン”が秘められていることを感じさせる。鑑賞者の予測を鮮やかに裏切る驚愕の大どんでん返しの予感に、期待は高まる一方だ。

また、本映像では次々に繰り出される驚愕のイリュージョンからも目が離せない。冒頭から、大勢の観客の目の前で降り注ぐ雨を静止させるフォー・ホースメンのリーダー、アトラスを演じるジェシー・アイゼンバーグの姿に始まり、目を疑うようなイリュージョンがこれでもかと展開される。そして驚くべきことに、本作を監修した世界的マジシャン、デヴィット・カッパーフィールドは「これらのトリックは全て現実の世界で実現可能なものだ」とコメントし、これらがすべて実際に可能なものであることを明かしている。

主演を務めるのは、『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』で悪役レックス・ルーサーを演じたジェシー・アイゼンバーグ。ウディ・ハレルソン、デイヴ・フランコ、リジー・キャプランを加えフォー・ホースメンを結成する。そして、マーク・ラファロ、マイケル・ケイン、ジェイ・チョウ、モーガン・フリーマンを共演者に迎え、宿敵として登場するのは言わずと知れた『ハリーポッター』シリーズの主人公、ダニエル・ラドクリフと、超豪華なキャストも見逃せない。

ニューオーリンズ、マカオ、ロンドンと世界を股に掛けたロケによる壮大な映像に加え、ラストに待ち受けるのは絶対予測不可能な、驚愕の大どんでん返し。誰も見たことのないイリュージョン・アクションは、是非劇場で目撃して欲しい。

【ストーリー】
フォー・ホースメンは、とあるハイテク企業の不正を暴露するため、N.Y.での企業プレゼンを乗っ取るイリュージョン・ショーを計画。しかし派手なイリュージョンは何者かの策略で失敗、ショーは逆ジャックされ、FBIが突入。間一髪ステージから逃げたと思ったホースメンだったが、なんと今度はN.Y.から中国へ瞬間移動で連れ去られてしまう!そこに現れたのは、ダニエル・ラドクリフ演じる天才エンジニア、ウォルター・メイブリー。ウォルターはホースメンを脅迫し、実現不可能な盗みを強要する。不本意な盗みを計画し実行する4人。隙をつこうとするも、全てにおいてウォルターが一枚上手だった-―。さらに、ウォルターの計画が徐々に明らかになるにつれホースメンの身に危険が迫る!!最大の危機を迎えたホースメンは、これまでとは比較にならないレベルのスーパー・イリュージョンを仕掛け一発大逆転を企てる。しかし、まさかの結末が待ち変えていた――。

『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』
9月1日(木) 全国ロードショー!
配給:KADOKAWA
TM &(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
公式HP:http://grandillusion.jp/

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください