新感覚フェミニスト・スリラー『ロイヤルホテル』7.26(金)より全国順次公開

【STORY】

ハンナ(ジュリア・ガーナー)とリブ(ジェシカ・ヘンウィック)の親友2人。旅行で訪れたオーストラリアでお金に困り、荒れ果てた田舎にある古いパブ「ロイヤルホテル」に滞在し、バーテンダーとしてワーキング・ホリデーをすることに。単なる接客バイトかと思いきや、彼女たちを待ち受けていたのは、飲んだくれの店長(ヒューゴ・ウィーヴィング)や荒々しい客たちが起こすパワハラやセクハラ、女性差別の連続だった。楽観的なリブは次第に店に溶け込んでいくが、真面目なハンナは孤立し精神的に追い込まれ、2人の友情は徐々に崩壊していく……。

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

『アシスタント』の監督キティ・グリーン&主演ジュリア・ガーナ―が再タッグを組んだフェミニスト・スリラー『ロイヤルホテル』(配給:アンプラグド)が、7月26日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開となる。

本作は、オーストラリアの荒野にたたずむ「ロイヤルホテル」という名のさびれたパブを舞台に、ワーキング・ホリデーに来た女性2人に襲い掛かる身の毛もよだつ悪夢を描いた新感覚のフェミニスト・スリラー。2016年に『Hotel Coolgardie(原題)』としてドキュメンタリー映画化された、オーストラリアに実在するパブがモデルとなっている。このドキュメンタリーは、フィンランドの女性バックパッカー2人が住み込みで働く中でハラスメントを受ける様子を詳細に記録。本作を手掛けた監督のキティ・グリーンは審査員を務めたある映画祭でこのドキュメンタリー映画を目にし、そこからインスピレーションを受け『アシスタント』(19)の主演ジュリア・ガーナーやスタッフを再集結して作り上げた。2023年9月に第50回テルライド映画祭、続く第48回トロント国際映画祭でも上映され好評を博し、『燃ゆる女の肖像』、『パラサイト 半地下の家族』などのヒットが続く新進気鋭の映画スタジオNEON配給により2023年10月に全米公開。限定公開ながらもクリーンヒットとなり、最後のラストシーンを巡っては物議を醸した話題作だ。

キティ・グリーン監督は、本作の舞台にもなったオーストラリア・メルボルン出身で、『Ukraine Is Not a Brothel』(13)でドキュメンタリー監督としてデビュー。Netflixオリジナル『ジョンベネ殺害事件の謎』(17)を手掛け、2017年に巻き起こった#Me Too運動に自身初の劇映画の題材を見出し、職場におけるハラスメント問題を題材にした『アシスタント』(19)で初の劇映画作品を作り上げた。同作は、日本でも2023年に公開されヒットを記録。今回も再び、職場でのパワハラ、性的虐待を題材にした作品を作り上げた。

この度、主人公たちを大きく捉えた、大胆な日本版本ビジュアルが解禁。どこか不穏そうな顔でこちらを向くハンナとリブ。2人の間には、本作の舞台となるパブ「ロイヤルホテル」が不気味に佇んでいる。米配給会社NEON版のポスターを踏襲し、中央には「私の我慢は、限界を超えた。」というコピーが添えられている。女性差別とハラスメントに我慢の限界を迎えたハンナたちが取った行動とは、いったい何なのか……?

併せて解禁となった場面写真は7点。ハンナたちをしつこく揶揄う男性客のマティ(トビー・ウォレス)や、気性が荒く何をしでかすか分からないドリー(ダニエル・ヘンシュオール)の他登場人物を捉えたカットを追加。また、つかの間の休暇を楽しむハンナとリブのツーショットや、おぞましい表情で佇む男たちなども収めている。

 

 

監督・脚本:キティ・グリーン『アシスタント』

脚本:オスカー・レディング  プロデューサー:リズ・ワッツ、エミール・シャーマン、イアン・カニング

撮影:マイケル・レイサム『アシスタント』

作曲:ジェド・パーマー『アップグレード』

出演:ジュリア・ガーナー『アシスタント』、ジェシカ・ヘンウィック『マトリックス レザレクションズ』、ヒューゴ・ウィーヴィング『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ、トビー・ウォレス『ベイビーティース』、ハーバート・ノードラム『わたしは最悪。』

2023年/オーストラリア/91分/2.39:1/英語/原題:The Royal Hotel/カラー/5.1ch/

字幕:田沼令子

配給・宣伝:アンプラグド

© 2022 Hanna and Liv Holdings Pty. Ltd., Screen Australia, and Create NSW

HP: https://unpfilm.com/royalhotel 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました