【動画】“ゆるめるモ!”初主演映画『女の子よ死体と踊れ』ようなぴ&朝倉監督インタビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

エンタジャム用2.jpg

各所で話題沸騰の女性6人組アイドルユニット“ゆるめるモ!”の初主演映画『女の子よ死体と踊れ』が10/31(土)よりシネマート新宿、11/14(土)よりシネマート心斎橋にて劇場公開される。

今回は、映画公開を記念して、ゆるめるモ!のようなぴさん、朝倉加葉子監督にインタビューを敢行!いろいろとお話を伺ってきましたので是非ご覧ください!

(インタビュアー:ジャンクハンター吉田)

静かな森の中で見つけた、私たちだけの宝物。それは美しい少女の“死体”。
彼女を生き返らせて、一緒にダンスをしたいから、神様少しだけ見てないふりをして下さい―。清掃会社YMMクリーニングでバイトをする、“もね”、“けちょん”、“しふぉん”、“ようなぴ”、“ちーぼう”の何処にでもいる5人の女の子たち。鬼の様なブラック女社長に恫喝されながら、嫌々だけど他にやりたいこともないから何となくつまらない毎日を過ごす日々…。そんなある日、森の中の清掃現場で彼女たちが発見したのは透き通るように美しい少女の“死体”。ノルウェーのブラックメタルバンドの儀式を使って“死体”を蘇らせることに成功した5人だったが、その死体“あの”には知ってはならないヤバすぎる秘密が隠されていた。

監督は2013年に公開されたホラー映画「クソすばらしいこの世界」が映画ファンの話題をさらった注目の若手女流監督、朝倉加葉子。メンバーそれぞれの個性を掴み、物語の中に見事に“ゆるめるモ!”を存在させた。また企画・制作は吉祥寺バウスシアターのクロージング作品にもなった「BELLRING少女ハートの6次元ギャラクシー」(2014年/継田淳監督)を手掛けたTRASH-UP!!が担当。撮影はまだ寒さの残る時期の山間部にスタッフ、キャストが籠り極限状態の合宿生活で行われたが、女性スタッフを中心とした抜群のチームワークでこれまでありそうでなかったファンタジックなガーリーホラー映画が誕生した!

『女の子よ死体と踊れ』
10/31(土)よりシネマート新宿、11/14(土)よりシネマート心斎橋にて上映決定!
配給:日本出版販売
(C)2015 YOU’LL MELT MORE!Film Partners
公式HP:ymm-film.com

【ゆるめるモ!】女の子よ死体と踊れ

【ゆるめるモ!】女の子よ死体と踊れ
価格:2,160円(税込、送料込)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください