映画
アニメ
ゲーム

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』“大雪像”“田んぼアート”“ねぶた”に続き、砂のアート制作決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SW.jpg



史上空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」シリーズの最新作にして、その新たなる3部作の1作目『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』がついに12月18日(金)から公開となる。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が公開となる2015年“STAR WARS YEAR”の盛り上がりは、2月に北海道で開催された[第66回さっぽろ雪まつり]の『雪のスター・ウォーズ大雪像』、4月には、最高“6時間待ち”という現象も生み出した『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』(東京から順次全国開催)、6月:世界初の公式アートとして新キャラクターBB-8も描かれる青森県田舎館村の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』田んぼアート、8月:青森ねぶた祭りに『スター・ウォーズのねぶた』が登場、9月4日の『FORCE FRIDAY』ではついに新商品が全世界で同時発売、と、12月の映画公開前にしてその熱気は日本各地へ勢いを増している。

そんな老若男女を巻き込んだ“スター・ウォーズ現象”の中、鳥取砂丘の入口にある、鳥取砂丘市営駐車場に“砂のスター・ウォーズ”が出現する。

砂像は水で固めた砂の塊を彫る彫刻芸術。素晴らしい芸術作品でありながら、崩れやすく、その姿を永遠に維持することができなく、美しさや躍動感を秘める注目のアート作品。発表されたデザイン画には、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に登場する新キャラクターたちも描かれ、まるで作品から飛び出すような迫力。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』仕様のXウィングやタイ・ファイターといった人気の戦闘機も詳細に再現される。

今回の砂像を制作するのは、鳥取砂丘砂の美術館総合プロデューサーである茶圓勝彦(ちゃえんかつひこ)氏。鹿児島県南さつま市出身の、砂像彫刻家で数々のプロデュース歴を持つ。WSSA(World Sand Sculpting Academy)主催の砂像世界選手権シンガポール大会では優勝を果たすなど、砂像制作の第一人者として、世界各国で活動を行う。今回臨場感あふれる砂のスター・ウォーズは、世界で初めてルーカス・フィルムが公認し、ウォルト・ディズニーがそのデザインの監修に携わって誕生。160トン(10tトラック16台分)の砂を使用し、水の使用量は100トン。2ヶ月をかけて制作された“砂のスター・ウォーズ”は鳥取から全世界に向けて発信される。

既に【スター・ウォーズ現象】はとどまることをしらず、いまや“映画”という枠を越え、オリンピックやサッカーワールドカップと並ぶ世界最大のイベントと目される本作。新たなる3部作の幕開けとなる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の動きに日本、そして世界が注目している。

“スター・ウォーズ砂像”概要
■砂像制作者:砂の美術館総合プロデューサー 茶圓勝彦 (ちゃえん・かつひこ) 氏(砂像彫刻家、鹿児島県南さつま市出身)
■制作日程:8月21日(金)~10月5日(月)
■砂像設置場所:鳥取県 鳥取砂丘市営駐車場
■砂像サイズ:高さ3.4m×幅7.4m×奥行4,2m /総重量160t

“スター・ウォーズ砂像”お披露目式 実施日程
日程:10月8日(木)
時間:11時00分~(予定)
場所:鳥取県 鳥取砂丘市営駐車場
内容:除幕(予定) ※内容詳細は後日決定。
●展示期間は12月末までの3ヶ月間程度を予定しております。ただし、天候による影響、砂像の状態により終了が早まる場合があります。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
12月18日(金) 全国ロードショー
配給ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C) 2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved




登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください