映画
アニメ

映画『ジョン・ウィック』主演キアヌ・リーブス来日決定!日本が好きすぎてわずか64日ぶりの再来日!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

JW_13600.jpg



『スピード』『マトリックス』シリーズのキアヌ・リーブスがロシアン・マフィアに全てを奪われた元殺し屋に扮し、ニューヨークを舞台にたった独りで組織に立ち向かう壮絶な復讐劇を繰り広げるノンストップ・キリング・アクション『ジョン・ウィック』が、2015年10月16日より全国公開する。

監督は『マトリックス』シリーズ(スタントコーディネーター/スタント)など多くの大作を手がけ、独自のアクション世界を創造し続けるチャド・スタエルスキ。『マトリックス』の伝説的キャスト&スタッフが、究極のアクション新銃術”ガン・フー”(ガン+カンフー)を引っ提げて強力タッグを結成!再び世界にアクションの新基準を魅せつける。全米ではオープニング成績$14,415,922(2014.10/24-26)で第2位、その面白さに話題が集まりすぎて、週明けの月曜に盛り返しで1位獲得という驚異的スマッシュヒットを記録!その勢いは収まることを知らず続編も決定している。

そして今回、本作のPRのためキアヌ・リーブスの来日が決定!9月30日(水)に開催するジャパンプレミアに参加を予定している。映画プロモーションとしては『47RONIN』以来、約2年ぶりの来日となるが、先の7月25、26日に、鈴鹿8時間耐久ロードレース開催に合わせて電撃来日したニュースも記憶に新しく、わずか64日ぶりに再び日本の地に降り立つ。鈴鹿8耐で「また日本に来てくれますか?」との問いかけに、「そうだね、もちろんだよ!」と笑顔で応えたキアヌが、早々に有言実行を果たしてくれた形となった。キアヌが「人生を賭けた映画」とまで言い放った入魂の本作。完全復活を遂げた彼が、どんな姿で日本に降り立ち、何を語るのか、ぜひご注目したい。

【ストーリー】
裏社会に語り継がれる一騎当千・伝説の殺し屋ジョン・ウィック。愛を知り、表の世界へと足を洗い平穏な日々を送っていた彼は、ある日、不運にも彼の愛するもの全てをマフィアに奪われてしまう。怒りに震え心の奥底に封じ込めた”殺し屋の魂”を解き放つジョン・ウィック。今見惚れるほど華麗で壮絶な復讐劇の幕が上がる。

『ジョン・ウィック』
10月16日(金)、TOHOシネマズ新宿ほか全国公開!
配給:ポニーキャニオン R15+
Motion Picture Artwork (C) 2015 Summit Entertainment, LLC.  All Rights Reserved. (C) David Lee
公式サイト: johnwick.jp

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください