映画
アニメ

世界が注目するアンドロイド演劇が映画化!『さようなら』予告編映像解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

さようなら●ポスタービジュ.jpg



映画『さようなら』は、劇作家・平田オリザとロボット研究の世界的な第一人者である石黒浩が共同で進める、人間とアンドロイドが舞台上で共演する画期的な演劇プロジェクト。今回、その完成度の高さが国内外に衝撃を与えた記念碑的戯曲が映画化となった。

企画・脚本・監督をつとめるのは、『歓待』(10)で、東京国際映画祭日本映画「ある視点」部門グランプリ、プチョン国際映画祭最優秀アジア映画賞を受賞、「ほとりの朔子」(13)でナント三大陸映画祭グランプリ&審査員賞をダブル受賞。タリンブラックナイト映画祭で最優秀映画賞を受賞し海外から注目を集める気鋭の映像作家・深田晃司。

映画の中心となるアンドロイド・レオナ役を演じるのは、石黒氏が中心となり大阪大学大学院で開発された【本物の】アンドロイド、ジェミロイドF。4月から放映中のバラエティー番組『マツコとマツコ』にも石黒浩が手掛けたマツコ・デラックスのアンドロイドが出演、そのリアルな存在は広く知られるようになった。そのアンドロイドと暮らす主人公・ターニャを演じるのは同戯曲でも同じ役を演じているブライアリー・ロング。また新井浩文や村上虹郎など、日本映画界を代表する俳優陣が脇を固める。この映像化の試みは、映画にしかできない時間表現・空間表現・映像表現を駆使して、「さようなら」の描く死と生の世界を再構築している。

今回完成した予告編では、放射能に侵された近未来の日本で、国民が次々と国外へ避難していく中、取り残されていく外国人の難民・ターニャと、病弱な彼女を幼いころからサポートしているアンドロイド・レオナの静かな生活が描かれます。死を目前にしたターニャに、レオナが淡々と読んで聞かせるのは谷川俊太郎の詩「さようなら」。その静謐な時間は、”生”とは、そして”死”とは何かを観るものに鋭く問いかける。

『さようなら』
2015年11月21日(土)、全国ロードショー 
配給・宣伝:ファントム・フィルム
公式HP:http://sayonara-movie.com/

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください