映画
アニメ
ゲーム

映画『ミニオンズ』 日本の観客動員370万人!興行収入45億円突破!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

祝!ミニオンズ.jpg



7月31日から全国330館で公開され、今年公開されたハリウッドアニメ作品の中でNo.1のスタートを記録した映画『ミニオンズ』。8月31日までに興行収入45億円、観客動員370万人を突破した(ミニオンズ:観客動員373万8602人、興行収入45億2241万円)。

夏休み最後の土日ということもあり、前週比91.3%をキープしており、シルバーウィークに向け、まだまだ勢いは衰えることはなかった。同時に、世界興行収入は、累計で10億1890万1000ドルを稼ぎ、過去2作品(『アナと雪の女王』『トイ・ストーリー3』)しか越えられていない10億ドルを見事に突破。アニメ作品世界興収第2位の『トイ・ストーリー3』に5000万ドル差まで迫っている。まだ中国が9月13日公開など公開を控えている国があり、まだまだ記録が延びることが予想できる。

『怪盗グルー』シリーズは、前作のファレル・ウィリアムスの主題歌「ハッピー」など、本編に流れる楽曲も絶賛されてきたが、本作でも謎の黄色い生き物“ミニオン”の可愛さを引き立てる、劇中で使用されている楽曲にも注目が集まっている。ローリング・ストーンズの「19回目の神経衰弱」やドノヴァンの「メロウ・イエロー」、フーの「マイ・ジェネレーション」など、映画の舞台である60年代の楽曲がふんだんに使用されている。さらには、ビートルズの名曲「レヴォリューション」をミニオンたちが歌うシーンもあり、子供や若い世代だけでなく、大人も楽しめる演出が多く、幅広い世代に支持される理由の1つになっている。

『ミニオンズ』を手掛けたユニバーサル・スタジオ×イルミネーション・スタジオは、スタッフが再集結し、2016年公開『ペット』を新たに製作。すでに全国の劇場やWEB上で予告編が解禁されており、ユニークでかわいいキャラクターたちが話題になっている。

【ストーリー】
人類が誕生する遥か昔、黄色い生物としてミニオンは誕生した。長い年月をかけて進化しながら、絶え間なくその時代の最も強いボスに仕えてきた。Tレックスからナポレオンなどあらゆるボスに仕えてきたが、失敗ばかりで長続きしない。やがて仕えるボスがいなくなり、ミニオンたちは生きる目的を見失ってしまう。ミニオン滅亡の危機が迫る中、兄貴肌のケビン、バナナのことで頭がいっぱいのスチュアート、そして弱虫のボブが仲間たちを救うべく立ち上がった。極寒の南極からニューヨーク、そして流行の最先端を行くロンドンへ――新たな最強最悪のボスを探しに、ミニオンズの壮大な旅が始まる。

『ミニオンズ』
全国大ヒット公開中!
配給:東宝東和
(C)2015Universal Studios.
公式HP:http://minions.jp/




登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください