映画
アニメ
ゲーム

『ナイトクローラー』ジェイク・ギレンホールの役者魂炸裂!“究極のサクセスストーリー”に焦点を当てた特別映像解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

NCサブ2.jpg




ジェイク・ギレンホールの恐るべき怪演に絶賛の悲鳴!まだハリウッドが取り上げたことのないテーマを、センセーショナルかつリアルに描き、本年度の賞レースを席巻、本年度アカデミー賞【脚本賞】ノミネートも果たした震撼の衝撃作『ナイトクローラー』が、8月22日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほかで全国公開となる。

主演は、『ブロークバック・マウンテン』でアカデミー賞にノミネートされたジェイク・ギレンホール。我々の隣にもいるごく普通の男に潜む底なしの狂気に満ちた怪演により日本で早くも絶賛の声が相次ぎ、ロバート・デ・ニーロが演じた『タクシードライバー』のトラヴィスの再来とも言われている。アカデミー賞ノミネートのほか、米国レビューサイトRotten Tomatoesで驚異の満足度95%を獲得。試写会で映画をいち早く観たネットユーザーからはそれぞれの言葉で圧倒され衝撃を受けたという内容のコメントが続出している。
公開を直前に控え、常軌を逸した熱演により新たな代表作を得たギレンホールと、彼演じるルイスにスポットを当てた特別映像が解禁に!



ルイスが出会う“ナイトクローラー”とは、いち早く事件・事故現場に駆け付けて被害者にカメラを向け、それをテレビ局に売りさばく報道スクープ専門の映像パパラッチ。警察無線を傍受しスキャンダラスな“画”を求めて夜な夜なL.A.の街に繰り出すハイエナのような存在だ。2か月間行った減量と昼夜逆転生活により約12kgの減量に加え、夜を生きる者ならではの “不健康”な容姿を手に入れたギレンホール。「こんな役は初めてだ」と語るギレンホールは本作で初めてプロデューサーも務め、『ボーン・レガシー』や『落下の王国』などで脚本を務め本作で初めて自らメガホンを取ったダン・ギルロイ監督のクリエイティブ・パートナーとしてサポート。ギルロイ監督によるオリジナル脚本に心酔し、撮影中は、一字一句、句読点から単数形・複数形の違いに至るまで完全に忠実にセリフを口にしたという。そして、インタビューに答えるどちらかというとたれ目であるギレンホール本人の目と、本作で見せる眼力全開なギョロついた目を比べるだけでもとても同じ人物には見えず、ギレンホールが本作で魅せる豹変ぶりがはっきり分かる。

「あれほど難しい役はそうないと思うわ」と語るのは、ルイスが撮影した映像を売り込むテレビ局の女性ディレクター・ニーナを演じるレネ・ルッソ。ふたりが劇中見せる熾烈な駆け引きは本作の大きな見どころのひとつとなっている。

「ジェイクの最高の仕事だね」と語るのは、ルイスがナイトクローラーとしてステップアップする過程でアシスタントを務めることになるリックを演じるリズ・アーメッド。彼は、撮影開始後、ギレンホールが自ら行った減量の意味を知り驚嘆したことを認めている。

ギレンホールは「人の不幸を追い、普通の感情を失っていく」と自分の役どころを説明するが、この映像ではストーリーをダイジェストとして追うこともできるので、公開前の予習にはうってつけの映像となっている。ギレンホールが語る“究極のサクセスストーリー”の意味と、観る者の想像の斜め上をいく “戦慄のハッピーエンド”は、ぜひ映画館で確かめてほしい。



【ストーリー】
学歴もコネもなく、仕事にあぶれたルイス(ジェイク・ギレンホール)は、ある日事故現場を通りかかり、テレビ局に悲惨な映像を売って稼ぐ<ナイトクローラー>と呼ばれる報道スクープ専門の映像パパラッチの存在を知る。さっそくビデオカメラを手に入れたルイスは、警察無線を傍受しながら事件や事故の発生を待ち、猛スピードで車を走らせ、現場に駆け付ける。良心の呵責など1秒たりとも感じない彼の過激な映像は高く売れるが、局の要求はさらにエスカレートしていく。そして、遂にルイスは一線を越える──。

『ナイトクローラー』
8月22日(土)全国順次ロードショー!
配給:ギャガ
(C) 2013 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.  
公式サイト:nightcrawler.gaga.ne.jp



登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください