アニメ

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』T-800ターミネーターの吹き替えに、玄田哲章さんがアイルビーバック!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

main.jpg



シリーズ全世界累計興行収入約1680億円以上、日本でも累計興行収入220億円を超える驚異的な記録を打ち立てたSFアクション映画の金字塔『ターミネーター』シリーズ。日本公開から30周年を迎えるこの夏、遂にあのアーノルド・シュワルツェネッガーが帰ってくる!全世界待望の最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は7月10日(金)に日本公開!

そしてこの度、シュワルツェネッガーの『ターミネーター』シリーズへのサプライズ復帰に呼応して、あの人気声優・玄田哲章さんも吹き替え版声優として“12年ぶりのアイルビーバック!”を果たす事が明らかになった。玄田さんは、数々のハリウッド俳優の吹き替えや、多くのアニメ作品の声優を担当するだけでなく、最近では映画『トランスフォーマー』シリーズのオプティマス・プライム司令官などを演じ人気を博す声優界のレジェンド。『コナン・ザ・グレート』(82年)でシュワルツェネッガーの吹き替え版声優を初めて務め、1985年に『ターミネーター』でT-800ターミネーターを担当。以来、『ターミネーター2』(91年)、『ターミネーター3』(03年)など数々のシュワ作品の吹き替えを担当し、シュワと共に世界的人気キャラクター“ターミネーター”を30年演じ続けてきた。今では、玄田哲章=ターミネーターは、すっかり定着。シュワ本人公認とされている。

また、その他のキャラクターも豪華声優陣が揃い。人類抵抗軍のリーダー、ジョン・コナー役は小山力也さんが務める。小山さんは、「24 -TWENTY FOUR-」のジャック・バウワー役、「名探偵コナン」の毛利小五郎役でお馴染みの超人気声優。かつてテレビ東京版の『ターミネーター』では、マイケル・ビーン演じるカイル・リースの吹き替えを担当。そして今回はカイルの息子であるジョン・コナー役に選ばれ、“新たな起動”を果たす。ジョン・コナーの母であり人類最後の希望であるサラ・コナー役を藤村歩さん、そして未来の鍵を握る人類抵抗軍の戦士カイル・リース役を細谷佳正さんがそれぞれ務めることも決定。

今回のシリーズ復帰について玄田さんは、「本当に興奮しました。一緒に作品を作り、一緒に成長してきた同志だと思っています。30年も演じ続けてきた今では、すーっとT-800ターミネーターの中に入っていけるようになったほど。」と今回の起用決定に喜びもひとしお。最新作については「皆さんを必ず満足させることが出来る仕上がりになっています。とにかく終始驚きの連続!そして想像もつかない結末が待っている。絶対に裏切らないので、是非、劇場へ足を運んで頂きたい」とシリーズのファンとしても熱烈にPRをしている。

玄田哲章is BACK!シリーズ復帰への意気込みを語る!

●シュワルツェネッガーの12年ぶりのアイルビーバック!について
やっと帰って来たか!という感じ。皆さんも、心待ちにしていたと思いますが、本当に興奮しました。実は、不思議ですが、(シュワルツェネッガーは)大スターなのにスターと思ったことがないんです。なんせ、一行のセリフを話すのも大変だった若い頃から、彼と付き合っていますから。年齢は1つ違い(※シュワが1つ上)なので、同世代として勇気を与えてくれる存在。一緒に作品を作り、一緒に成長してきた同志だと思っています。

●シュワルツェネッガーの来日について
「シュワルツェネッガーといえば玄田哲章」になるよう頑張ってきました。30年も演じ続けてきた今では、すーっとT-800ターミネーターの中に入っていけるようになったほど。もし本人に会えたら、たくさん聞きたいことがありますね。でも、興奮し過ぎて全部忘れてしまうかもしれない(笑)。

●『ターミネーター』シリーズの魅力について
T-800ターミネーターは、ロボットだから人の心が理解出来ないはず。けれど、それでも理解しようと頑張る姿が何とも言えない。ストーリーが進むごとに、いつの間にかT-800に対して感情移入してしまうんです。『ターミネーター2』で、それを思わせるセリフがあるんです。「人間がなぜ涙を流すのか理由がわかった。俺には泣くことはできないが」と。グッときますね。

●「人工知能に《心》はあるのか?」というテーマについて
T-800自身は気づいていないかもしれませんが、予期しない展開で彼に<心>が出てくるように感じます。新作では、「俺は古いが、ポンコツじゃない。」というセリフがあるんです。T-800だって、シュワルツェネッガーや私と一緒で老いるんですよ(笑)。でも、馬鹿にされたくないからそんなセリフを言って、命を懸けてサラ・コナーを守るんです。強敵が次々と出てくる中で、それを超えていかなければならない。ターミネーターは、どんどん学習していると思います。ぜひ皆さんの目で確かめて欲しい。

●『ターミネーター』を待ちわびているファンへのメッセージ
皆さんが待っていたターミネーターが帰ってきました!!僕もいつか帰ってくるのでは?と思っていましたが、やっとその日が来ました。皆さんを必ず満足させることが出来る仕上がりになっています。とにかく終始驚きの連続!そして想像もつかない結末が待っている。絶対に裏切らないので、是非、劇場へ足を運んで頂きたいと思います。

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』
7月11日(土)全国ロードショー!
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
(C) 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
公式HP:Terminator-movie.jp

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください