アニメ
ゲーム

映画史上、最も出会ってはいけない二人が激突!『貞子VS伽椰子』2016年公開決定! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

sadavskaya_Aprilfoolposter.jpg



1998年からスタートし、大ヒットを記録し続ける『リング』シリーズと、そして1999年からスタートし、今年6月『呪怨 -ザ・ファイナル-』で遂にその歴史に幕を閉じる『呪怨』シリーズ。Jホラーを牽引し世界水準に押し上げたこの2大巨頭が2016年遂に激突!ファン待望の『貞子VS伽椰子』の公開が決定した。

人の網膜から侵入するリングウィルスで大量増殖を繰り返す貞子と、“その呪いに触れたモノは命を失い、新たな呪いが生まれる”という怨念の根元・伽椰子。ウィルスVS呪いのバトルの軍配はいかに!?配給会社の壁を越え、全世界注目のドリームマッチが実現します!今度の貞子はどこから飛び出すのか!?伽椰子は、どこの階段から這い降りるのか!?

しかしながら、実はこのよくできたポスター、本日4月1日エイプリルフール限定のジョーク企画。ポスター上部のコピーの色が違うところを追っていくと、「映」「プ」「リル」となっており、下部の公開表記には『リング』公開時に超有名になったフレーズ「きっとくる!」に続いて「きっとフール!」と…。そしてポスター中央のコピーは1日(イチニチ)と読まず、「ツイタチ」と読めば、なるほど…という内容になっている。

今年6月公開の新作で最終章を迎える『呪怨 -ザ・ファイナル-』宣伝チームが、「この素晴らしいシリーズが終わってしまうのは悲しい。もし次回作があるとしたら何が面白いか。」と酒を飲みながらバカ話をしている時に満場一致でたどり着いた企画。エイプリルフールの企画としてもこれ以上の企画はないため、翌日すぐに『貞子3D』配給会社のKADOKAWAに打診したところ、この無謀なアイデアを広い心で快諾。配給会社をまたいだ映画業界がお届けする最高のネタ企画が成立した、という流れだ。

たった1日のネタにも関わらずデザイナーも本気で挑み、圧倒的クオリティのビジュアルが出来上がった。本日限りのこのジョーク、是非この夢の頂上決戦のストーリーに皆様思いを馳せていただきたい。なお、本ポスターは全国のT・ジョイ系の劇場、イオンシネマにて掲出される予定だ(一部劇場を除く)。

『貞子VS伽椰子』ティザーサイト
www.sadako-vs-kayako.jp
※4月1日(水)0時~23:59までの限定サイト

『呪怨 –ザ・ファイナル-』
6月20日(土)より新宿バルト9ほか全国公開  
(C)2015『呪怨 –ザ・ファイナル-』製作委員会
配給:ショウゲート
公式HP:www.juon-movie.jp

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください