映画
アニメ
ゲーム

シリーズ最新作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 ティザーポスター解禁!荒廃した灼熱の砂漠に"伝説の男"マックスと"インターセプター"が!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FRD-DS-00668s.jpg



2015年、『マッドマックス』シリーズに新たなレジェンドが生まれる。シリーズの創始者であるジョージ・ミラー監督が、『ダークナイト ライジング』で凶暴な悪役ベインを演じたトム・ハーディーを主演に迎えたシリーズ最新作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が、2015年夏、日本公開される。

メル・ギブソンが演じたマックスを受け継いだトム・ハーディーに加え、アカデミー賞女優であるシャーリーズ・セロンがスキンヘッドで登場、巨大トラックを操るボスを演じていることでも話題になっている。そして今回、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のティザーポスターが完成、9/13(土)から全国の一部劇場で掲出開始されることになった。

公開されたポスタービジュアルは、荒廃した近未来の砂漠に立つ主人公マックスとチューンナップされ、武器を積み込んだ愛車”インターセプター”が写し撮られている。後ろ姿のマックスが見つめているのは、暴走する車列。槍のような武器を携えたウォリアーたちや、爆撃砲からの炎も見える。

7月23日から開催された「コミコン・インターナショナル・サンディエゴ 2014」に登場した監督のジョージ・ミラーは、「これはリブートでもなければ、続編でもない。最も適した説明は、”マッドマックス”の世界を再び訪れる体験になる」と、新たな『マッドマックス』の完成に向けて力強いコメントを発した。また、主演に起用したトム・ハーディについては、「彼はとても好感が持てる人物だ。同時に、何をしでかすか分からない危険な要素も持ち合わせている。この矛盾するふたつの要素が、ハーディーにカリスマ性を与えている」と語っている。トム・ハーディが演じるマックスがこれからどこに向かうのか。どんなバトルが待ち受けているのか。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は、2015年5月15日に全米公開、日本では2015年の夏休み映画として超拡大公開される。

『マッドマックス』シリーズとは
1979
年、ジョージ・ミラー監督が当時全く無名のメル・ギブソンを主演に放った映画『マッドマックス』。第一作目にして伝説となったこの作品は、低予算でありな
がらも、改造車をふんだんに使い、カーアクション映画の金字塔となった。同時に、当時全く無名だったメル・ギブソンを一躍スターダムに押し上げた。
1981年に『マッドマックス2』が公開され全世界で大ヒット、荒廃した世界感、改造車と暴走族、モヒカン刈りなど、1980年代のポップカルチャーに大
きな影響を与えた。日本でも人気漫画「北斗の拳」(原作:武論尊/作画:原哲夫)に多大な影響を与えたと言われている。1985年には、ティナ・ターナー
らを迎え、更に大スケールとなった『マッドマックス/サンダードーム』が公開された。サンダードームのタイトル通り、ドーム内の金網リングで繰り広げられ
るバトルアクションが主となっている。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 
2015年夏、全国ロードショー
公式サイト:http://MadMaxMovie.net
(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
配給:ワーナー・ブラザース映画 




登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください