映画
アニメ
ゲーム

『るろうに剣心 京都大火編』公開3日間で興収8億円突破!前作超え確実!興収40億円に向け大ヒットスタート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

?メインCAI034A1117.jpg



ワーナー・ブラザース映画配給の『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』の前編『るろうに剣心 京都大火編』(佐藤健主演/大友啓史監督)は、8月1日(金)から全国439スクリーンで公開がスタート。土日2日間で43万3,346人を動員し、興行収入5億9,223万円を記録。『GODZILLA』(2週目)、『思い出のマーニー』(3週目)、『マレフィセント』(5週目)を抑え、強豪ひしめく夏休みシーズンで初登場堂々1位を獲得。2部作連続公開の門出にふさわしい大ヒットスタートとなった。また、土日2日間の成績は、今年公開された日本映画の実写作品でNo.1となった。また、8月1日からの公開3日間の興行成績がすでに8億2,000万円を突破している。

公開初日の1日(金)は映画サービスデーも重なり、平日にもかかわらず夏休みの中高生から30~40代の男女まで朝から幅広く動員を伸ばし、初日21万1,740人を動員、興行収入2億3,049万9,400円を記録。さらに1日に日本テレビ系列「金曜ロードSHOW!」で放送された1作目『るろうに剣心』の高視聴率が土日の動員を後押しした。興行収入に占めるローカルの比率が73%を超えるなど、都心部に偏らずローカルでも高いシェアを叩き出しており、客層も10代女子のグループから家族連れまで幅広く、興行収入40億円も視野に入った。レビューも高評価で、すでに口コミやリピート客も広がりをみせており、今後も観客を魅了し続けるだろう。

また、今週6日には佐藤健、武井咲、青木崇高、大友啓史監督がフィリピン入りし、日本映画で初となるアジアプレミアが行われ、日本を飛び出しアジアでも旋風を巻き起こす。さらに帰国後の8/9(土)~10(日)には全国10都市で12回の舞台挨拶を行う大ヒット御礼の舞台挨拶ツアーが発表されており、佐藤健、青木崇高、大友啓史監督が全国のファンに大ヒットのご報告と御礼をする予定だ。

『るろうに剣心 京都大火編』 興行収入
<土日2日間(8月2日、3日)>
観客動員: 43万3,346人
興行収入: 5億9,223万5,030円 

<公開3日間> 
観客動員: 64万5,086人
興行収入: 8億2,273万4,430円

原作:和月伸宏著「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」(集英社ジャンプ・コミックス刊)
監督:大友啓史
製作配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HP:www.rurouni-kenshin.jp
(C)和月伸宏/集英社 (C)2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会

『京都大火編』絶賛公開中!
『伝説の最期編』9月13日(土)全国公開!

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください