アニメ
ゲーム

『TOKYO TRIBE』トロント国際映画祭出品決定!園監督作として3年連続受賞の快挙なるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メラ_TT1597065.jpg



カナダ、トロントで開催される第39 回トロント国際映画祭(現地時間9月4日-9月14日)の 【ミッドナイト・マッドネス部門】に、園子温監督作品『TOKYO TRIBE』(8月30日より日本公開)が正式出品されることが決定した。

北米最大のトロント国際映画祭でインターナショナル・プレミア!
園子温監督『希望の国』『地獄でなぜ悪い』につづき、3 年連続受賞の快挙なるか!?
世界初のバトル・ラップ・ミュージカルは、世界でどう評価されるのか!?

トロント国際映画祭は、米アカデミー賞の前哨戦といわれ世界から注目される北米最大の映画祭。最近では、トロント映画祭でワールドプレミア上映を行う作品も多く、開催時期が近いベネチア国際映画祭より重要視され、世界各国のメディアや映画関係者が集まる。同映画祭は、1976 年に創設されたノン・コンペティションの映画祭で「映画祭のなかの映画祭」と呼ばれ、主な賞として、審査員が決めるコンペ形式ではなく、映画祭に参加し上映作品を鑑賞した観客の投票によって決まる『観客賞(ピープルズ・チョイス・アワード)』がある。トロント国際映画祭のミッドナイト・マッドネス部門は、その中でも<世界でもっとも熱い映画ファンが集う>といわれる部門。昨年2013 年、園子温監督の『地獄でなぜ悪い』が同部門で、観客賞を受賞。園子温監督は2012年度も『希望の国』にてトロント国際映画祭の併設賞のひとつNETPAC 賞(最優秀アジア映画賞)を受賞し、今年『TOKYO TRIBE』が賞を受賞すると3 年連続トロント国際映画祭での受賞という快挙に!!世界初のバトル・ラップ・ミュージカルの本作が、どんな評価をうけるのか!?

TTmaking_8487s.jpg

【園子温監督(52)コメント】
熱狂的な映画ファンが集まる部門のオープニングで上映されるのは純粋に嬉しいです。この作品は、エンターテイメントに徹しました。この間、この作品にも出演している俳優の北村昭博君(LA 在住、代表作『ムカデ人間』等)から、LA のバーで、黒人のヒップホッパー
たちが「日本でラップミュージカル映画が作られたらしい。日本に先を越されたなんてくやしい」と話していたと聞きました。トロントには海外から参加する人も多いので、どんな反応がかえってくるのか非常に楽しみです。

【STORY】
ルールはただひとつ。各々エリアは各々のトライブが仕切る。
他所から入って来た奴等は容赦しねえ!
近い未来の
“トーキョー”には様々なトライブ(族)が存在し、そこに住む若者たちは、街を暴力で支配しながらお互いの縄張りを守っていた。トライブ間の暴動・乱闘は
日々繰り広げられるも、互いの力関係は拮抗し絶妙なバランスで保たれていた。しかし、ある事件をきっかけに、その均衡はもろくも崩れ去る。「ブクロWU-
RONZ」のヘッドに君臨する<メラ>と「ムサシノSARU」に所属する<海(カイ)>。二人を取り巻く”トーキョー”中のトライブを巻き込んだ、激しく
壮絶な一大バトルが今始まる――。

原作:井上三太「TOKYO TRIBE2」(祥伝社)
監督・脚本:園子温
出演:鈴木亮平 YOUNG DAIS 清野菜名 他
配給・宣伝:日活
(C)2014INOUE SANTA/”TOKYO TRIBE” FILM PARTNERS

公式サイト:http://tokyotribe-movie.com/

8月30日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー!

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください