映画
アニメ
ゲーム

映画『劇場版 零~ゼロ~』美と恐怖と謎に包まれた特報&ポスタービジュアル解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ZERO_Poster_R.jpg



2014年9月26日(金)より公開となる映画『劇場版 零~ゼロ~』の美と恐怖と謎に包まれた特報が解禁された。

累計130万本を記録した大ヒットホラーゲーム「零」シリーズが大塚英志(「黒鷺死体宅配便」、「多重人格探偵サイコ」)原作で待望の映画化となる本作。主人公・アヤ役には中条あやみ、クラスメイトのミチ役に森川葵。ティーンに絶大な人気を誇るセブンティーン専属モデルのふたりが、学園で起こった“神隠し”の謎に迫ります。また、『リアル鬼ごっこ』シリーズや『バイロケーション』などセンセーショナルにして繊細な恐怖演出に定評のある安里麻里監督が、禁断の謎がひも解かれていく恐怖と衝撃を美しく幻想的に描き出します。『リング』『らせん』『貞子3D』『アナザー Another』に続く、あらたなKADOKAWAホラーの傑作がここに誕生!!

【特報内容】
水の底に沈んでいく一人の少女。「女の子だけにかかる呪いがある・・・」というヒソヒソ声。「私の呪いを解いて・・・」とミチ(森川葵)の耳元に囁きかける、アヤ(中条あやみ)らしき姿の少女。そして “あの子の写真をみると死ぬ。”という恐ろしい噂話が囁かれる!「助けて!」と叫びながら溺れるアヤの尋常ではない様子から、少女たちの身にとんでもない恐怖が待ち受けるであろうことが予想される、美しく、恐ろしく、謎に包まれた内容となっている。

【あらすじ】
閉塞感漂う山間の町にある女学園。学園のカリスマ的存在であるアヤが寄宿舎の部屋に籠るようになってから数日後、生徒が次々と失踪する事件が発生。姿を消した生徒たちに共通していたのは、アヤにそっくりな少女が写っている1枚の写真に接触し、アヤの“幻”に悩まされていたことだった。その“幻”は、生徒たちに耳元で囁きかける―「お願い、私の呪いを解いて…」―。学園には、午前零時に、女の子だけにかかる呪いがあるという、古くからの言い伝えがあった。やがて、失踪した生徒たちが水死体となって発見される。その頃、アヤの“幻”を見るようになっていたミチの前に、本物のアヤが姿を現わす。自分の“幻”の正体を突き止めたいアヤは、ミチと共に、呪いのおまじないを試そうとするが…。

『劇場版 零~ゼロ~』
9月26日(金)全国公開
配給:KADOKAWA
公式HP:www.zero-movie.jp
(C)2014『劇場版 零~ゼロ~』製作委員会

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください