アニメ

イラストレーター開田裕治の原画展「ART of ゴジラ」が東京・銀座で開催決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴジラ原画展.jpg



数多くの怪獣を描いてきた人気特撮作品の原画やビジュアルアートで知られるイラストレーター開田裕治の原画展「ART of ゴジラ」が東京銀座にあるチーパズギャラリーにて、開催されることが決定した。東京では初の開催になる。

今回の原画展は、キャラクタービジネスを展開するウララキューブが企画したもので同社初の催しである。ゴジラを中心にした開田裕治の原画を始め、巨大ジオラマ、関連商品の展示販売などを展開する。

原画と同サイズのハイクオリティーART作品「プリマグラフィー」をエディションナンバー・サインに加え開田裕治セレクションの額装で受注販売をしたり、全長1mを越える川北紘一特撮監督監修のジオラマ用ゴジラも展示販売する。また、LaQ(多面体ブロック)アーティスト浅川直樹作製による東宝歴代怪獣の数々を展示。第一弾としてゴジラLaQが6月に発売を予定している。

開催中には、開田裕治のサイン会を実施したり、ギャラリー併設のチーパズカフェにて、期間限定の「オリジナルゴジラメニュー」も予定しており、特撮ファンにとって、またとない貴重な催しとなる。

開田裕治の原画展「ART of ゴジラ」は、3月21日(金)から5月6日(火)までMYS銀座3階チーパズギャラリーにて開催される。

ゴジラ原画展-(1).jpg

開田裕治原画展「ART of ゴジラ」
開催期間:3月21日(金)から5月6日(火)
会場:MYS銀座3階チーパズギャラリー(中央区銀座7-12-15MYS銀座3F)
OPEN時間:10:00~19:00(無休)
入場料:無料

■開田裕治(かいだゆうじ)
1953年兵庫生まれ、京都芸術大学卒。怪獣やロボットなどをテーマに、プラモデルや映像ソフトのパッケージを中心に雑誌やトレーディングカードなど幅広く活躍。1997年に28回星雲賞(アート部門)を受賞。※主な刊行作品:怪獣戯画(1989)、メガニクス(1989)、怪獣画廊(1995)、ウルトラQ開田裕治画集(2001)、UTOPIA(2008)など

TM&(C)TOHO CO.,LTD. (C)KAIDA Yuji




登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください