映画
アニメ

近未来SFエンターテインメント『スノーピアサー』日本版予告編が公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『スノーピアサー』メイン.jpg



『殺人の追憶』(03)『グエムル-漢江の怪物-』(06)『母なる証明』(09)と作品を発表するごとに、斬新な映像、緻密な構成、完璧なストーリーテリング力で観る者を圧倒し、世界がその才能に注目する監督ポン・ジュノ。若き鬼才が初めてインターナショナル・キャストを迎え、英語作品として世界に発信する『スノーピアサー』は、2014年2月7日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショーとなる。すでに公開された韓国では900万を超える大ヒットを記録し、10月30日に公開されたフランスではハリウッド超大作に続いて初登場第4位を記録。ワインスタイン・カンパニーによる全米公開を含め、167ヶ国での公開が決定している。

そして今回、日本公開に向けて『スノーピアサー』の予告編が解禁となった!

2014年7月1日、地球温暖化を防ぐため化学薬品が撒かれ、その結果、地球は新たな氷河期に突入。それから17年が経った2031年。地球上を走る列車「スノーピアサー」だけが、生き残った人類にとって残された唯一の生存場所となる。最後の人類を乗せたこの「ノアの箱舟」は先頭車両に乗る上流階級が、後方車両の乗客を支配していた。フランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原作にした本作は、アクション、ドラマ、サスペンス、哲学などあらゆる要素が絶妙なバランスで盛り込まれた超級の近未来SFエンターテインメントだ。

解禁された予告編では、氷に覆われた地上をひた走る列車「スノーピアサー」の内部と、緊迫感に満ちた乗客たちの姿が90秒に渡って公開されている。上流階級が暮らす「先頭車両」には、魚たちが泳ぐ巨大水槽やレストラン、教室などの充実した施設がある。一方、窓さえもない「後方車両」では、最下層の人々が奴隷のように扱われ、武装した兵士たちによって支配されている。そんな中、列車最後尾から先頭車両を目指し、革命を試みようとする男カーティスは、仲間たちと共に「その時」を待っていた。列車の走る先にあるのは、希望か、絶望か。今、未来を賭けた革命が始まろうとしていた…。また、主人公カーティスを演じるクリス・エヴァンス、支配層の代弁者となる女性総理メイソン役のティルダ・スウィントンを始め、オクタヴィア・スペンサー、ジョン・ハート、エド・ハリス、ソン・ガンホらの姿もご覧いただける。実力派俳優たちが、どんな役を演じているのか、期待は高まるばかりだ。

【ストーリー】
2014年7月1日。地球温暖化を阻止するために、78カ国でCW-7と呼ばれる薬品が散布され、地球上はすべて氷河期のように深い雪で覆われた。かろうじて生き残った人類は皆、一台の列車「スノーピアサー」に乗って地球上を移動し始める。17年後の2031年。その列車では、多くの人間が後方の車両に押し込められ、奴隷のような生活を強いられる一方、一部の上流階級は前方車両で、雪に覆われる前の地球と変わらない贅沢な生活をしている。そんな中、ひとりの男が立ち上がった。男の名はカーティス(クリス・エヴァンス)。彼は、仲間を引き連れて、自由を求め、反乱を試みて先頭車両を目指すのだが…。

『スノーピアサー』
2014年2月7日(金)、TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー

配給:ビターズ・エンド、KADOKAWA
(C)2013 SNOWPIERCER LTD.CO.  ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:http://www.snowpiercer.jp/

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください