映画
アニメ
ゲーム

実写版『機動警察パトレイバー』いよいよ本格始動!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1988年以降、コミック・ビデオ・映画・小説とメディアミックス展開の先がけとして大ヒットした『機動警察パトレイバー』実写版プロジェクト『THE NEXT GENERATION -PATLABOR-』の製作発表会見が25日に行われ、主要キャストおよび公開時期が発表された。今回の実写版は、コミック・アニメ版のリメイクではなく、世代交代した”3代目”隊員たちの活躍を描く完全新作になる。
主要キャストは、主人公・泉野明(いずみの あきら)役に真野恵里菜さん、塩原佑馬(しおばら ゆうま)役の福士誠治さん、カーシャ役の太田莉菜さん、シバシゲオ役の千葉繁さん、後藤田継次(ごとうだ けいじ)役の筧利夫さん。監督・脚本は押井守監督が務める。
総製作費は20億円。現在撮影中で2013年内にクランクアップを予定している。
時代設定はバビロンプロジェクトがほぼ終わり、「レイバー」がその役目を終えようとしている2013年。特車二課の第一小隊は解散され、かろじて第二小隊が残っているという押井監督らしい設定。
約48分のシリーズ12話と約100分の長編作品を予定し、12話は劇場上映用の全7章で2014年4月より順次イベント上映。長編作品は2015年の公開が予定されている。今回の製作発表会は、制作費数千万円をかけた全長8mの実物大「98式イングラム(パトレイバー)」(自立タイプと運搬車に搭載されたタイプの2体制作されている)が披露された他、指揮車やレイバーを運搬する運搬車なども展示された。また、第二小隊の事務所セットもあり、パトレイバーファンならおもわずニヤリとしてしまいそうな細かい小道具がさりげなく置いてあったりと、本作に掛ける制作陣の本気度が感じられた。

『THE NEXT GENERATION -PATLABOR-』シリーズ全7章
2014年4月より順次 新宿ピカデリーほかイベント上映開始
0話:約10分、1~12話:各約48分
総監督:押井 守
シリーズ各話監督:押井 守 ほか
脚本:押井 守/山邑 圭
音楽:川井憲次
原案:ヘッドギア
制作:東北新社/オムニバス・ジャパン
配給:松竹メディア事業部

『THE NEXT GENERATION -PATLABOR-』長編作品(タイトル未定)
2015年 新宿ピカデリーほか全国公開
約100分

監督・脚本:押井 守
音楽:川井憲次
原案:ヘッドギア
制作:東北新社/オムニバス・ジャパン
配給:松竹

公式サイト:http://patlabor-nextgeneration.com/
(C)2014 「THE NEXT GENERATION -PATLABOR-」製作委員会









登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください