全米初登場“圧倒的”No.1ヒットスタート!! ヴィン・ディーゼル主演 『RIDDICK』(原題) 来年3月、日本公開決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『RIDDICK』INTERNATIONALPOS.jpg



銀河最凶のワル“リディック”が、腕利きの賞金稼ぎ、そして未知の生命体の大群の急襲を受けながら、辺境の惑星からの脱出を図る、SFアクションの“圧倒的”スペクタルを存分に詰め込んだヴィン・ディーゼル主演のシリーズ最新作『RIDDICK』(原題)が来年3月より丸の内ルーブル他にて全国公開することが決定した。

『RIDDICK』が圧倒的である理由
■全米初登場“圧倒的”No.1! ※2位『Lee Daniels‘ The Butler』の倍以上!
■本作にかけられた想いも“圧倒的”。構想&製作に丸10年!!
■ヴィン・ディーゼルの圧倒的スキンヘッド!
■リディックは報奨金も“圧倒的”。銀河刑法によりその金額は推定3億円!
(ちなみに前作から倍になっています)
■実は知力も“圧倒的”。最高値のIQを持つといわれ、銃火器・鈍器は当たり前。
宇宙船すら使いこなし、天気も予知!
■今度の敵は“圧倒的”。賞金稼ぎが2グループもいるわ、エイリアンはいるわ。。。  
エイリアンに至っては100体超え!
■今度は時間のなさも“圧倒的”。残された時間は24時間しかない!やばい!

タイトルロールの“リディック”を演じるのは、去る8月にハリウッドから殿堂入りを認められ、ウォーク・オブ・フェイムにその名を刻み込んだドル箱アクションスター、ヴィン・ディーゼル。監督・脚本は、“ハリウッドで最もクリエイティヴな100人”に選ばれた異才デヴィッド・トゥーヒー。この黄金のタッグは13年前、シリーズ一作目の『ピッチブラック』から今なお健在です。
製作も兼任するヴィン・ディーゼルにとっては、大ヒット作『ワイルド・スピード』シリーズ以前にその名を世界中に知らしめるきっかけとなった思い入れの強い作品です。

【ストーリー】
遥かな未来。銀河史上最凶のお尋ね者でありながら、ネクロモンガー軍団の王となったリディック。しかし彼は重臣たちの裏切りによって辺境の惑星に瀕死の状態のまま置き去りにされる。太陽に焼け焦げた惑星にはリディックを追って腕利きの賞金稼ぎ一味、さらに謎の船団が到着。リディックと彼らの三つ巴の闘いの火蓋が切って落とされたのと時を同じくして一帯は漆黒の暗闇に包まれ、獰猛な未知の生命体の大群が彼らに襲いかかるのだった…。果たしてリディックはこの不毛の惑星を脱出することができるのか―!?

監督・脚本:デヴィッド・トゥーヒー 『ピッチブラック』(00)、『リディック』(04)、『パーフェクト・ゲッタウェイ』(10)

出演:ヴィン・ディーゼル『ピッチブラック』、『ワイルド・スピード』シリーズ
   カール・アーバン『スター・トレック イントゥ・ダークネス』
   ケイティー・サッコフ「バトルスター ギャラクティカ」シリーズ
   バティスタ(デイヴ・バウティスタ)『アイアン・フィスト』(13)

提供・配給・宣伝:プレシディオ
協力:松竹
(c) 2013 RIDDICK PRODUCTIONS, INC.  All Rights Reserved.

2014年3月 丸の内ルーブル他全国ロードショー

オリジナル予告編




登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください