映画

『インシディアス 第2章』全米週末興行収入No.1スタート!‏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

20130806_1444919.jpg



2011年、低予算ながら全世界で9,700万ドルを超える大ヒットとなった映画『インシディアス』。『ソウ』で一躍ホラー界の寵児となったジェームズ・ワン監督が『ソウ』や『パラノーマル・アクティビティ』のスタッフと共に作り上げたこの作品は、そのラストの衝撃から、ファンがその後の展開を描く作品を待ちに待っていた作品です。監督、スタッフが再集結し、待望の“その後”を描いた作品、『インシディアス 第2章』が先週9月13日(金)より全米公開となりました。

13日の金曜日に合わせて公開された本作は、全米3,049スクリーンで公開され、週末三日間で4,105万ドル(約40億7,000万円/1ドル=99円換算)の成績を収め、週末成績NO.1のスタート。2位のリュック・ベッソン監督作『マラヴィータ』(原題:『The Family』)の1,400万ドルを大きく引き離し、また、1作目のオープニング成績である1,300万ドルの3倍以上となる成績で、9月のオープニング成績歴代2位となりました。また、同じくジェームズ・ワン監督が手掛けた『死霊館』(原題:『The Conjuring』)も今年7月19日の全米公開時にNo.1スタートを切っており、同じ監督が同年のうちに複数の作品でNo.1スタートを切るのは、『マトリックス リローデッド』『マトリックス レボリューションズ』のウォシャウスキー兄弟監督以来の快挙となります。

本作『インシディアス 第2章』は、来年2014年1月10日に日本公開となりますので、引き続きご注目ください。

【作品概要】
前作『インシディアス』で、長男が昏睡状態に陥るなど、引っ越しをきっかけに“何か”に襲われたランバート一家。危機は脱したかに見えたが、呪われたランバート一家は霊の世界と繋がるきっかけとなった父親ジョシュ(パトリック・ウィルソン)の少年時代の秘密を探ろうとし、さらなる恐怖を体験することに・・・。

2014年1月10日(金)、シネマサンシャイン池袋他全国ロードショー!




登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください