映画

映画『キッズ・リターン 再会の時』世界の映画祭に正式上映決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

KR●メイン.jpg



 1996年に公開され、今なお日本映画屈指の名作として多くの観客に愛され続けている映画『キッズ・リターン』。あれから10年後の“シンジ”と“マサル”の運命の再会、そして彼らの<今>を描いた映画『キッズ・リターン 再会の時』(清水浩監督)。

10月12日(土)の日本公開に先立ち、アジア太平洋地域出身映画監督の登竜門として常に注目されている北米屈指の映画祭、第32回バンクーバー国際映画祭(ドラゴン&タイガー部門)および次世代の才能に光を当てることで年々存在感が増しているポーランドの第29回ワルシャワ映画祭(国際コンペティション部門)より招待を受けての正式上映が決定した。

清水浩監督作品としてはデビュー作『生きない』(第51回ロカルノ国際映画祭アキュメニカル特別賞受賞、第3回釜山映画祭国際批評家連盟賞受賞)『チキン・ハート』(第55回カンヌ国際映画祭国際批評家週間招待)に続いての国際舞台における上映となる。

【清水浩監督コメント】
とても光栄です。一番ストレートにお客さんの反応がわかる場所ですよね。向こうの人は、映画がつまらなければ帰るし、面白ければ拍手をしてくれますしね。だから怖くもあり、とても楽しみでもあります。そんな大舞台に『キッズ・リターン 再会の時』が選ばれたことは、本当にありがたいですね。キャスト、スタッフ含め、苦労したかいがあったなと思います。

【あらすじ】
高校の同級生、シンジとマサルは卒業後、シンジはプロボクサー、マサルはヤクザとなり別々の人生を歩んだ。その道の頂点を目指したふたりだったが、越える事の出来ない壁にぶつかり挫折―――。会うこともなく10年が過ぎ、シンジはボクシングを辞め、アルバイトをただこなす日々。出所したばかりのマサルも、ヤクザに戻るしか道はなかった。しかし、運命はふたりを再び結びつかせる。ふとした偶然から再会を果たした時、互いのくすぶっていた心に火がついた。「見返してやろうぜ。」マサルの言葉を胸に、再びリングに上がるシンジ。一方のマサルも、人生をかけたある勝負に出ようとしていた。固い友情と、熱い決意によって這い上がろうとするふたり。傷だらけの男たちに、道は開けるのか――。
2013年10月12日、最高のキャスト、スタッフで贈る、新たな『キッズ・リターン』伝説が誕生する。

『キッズ・リターン 再会の時』
10月12日(土)全国ロードショー

監督:清水 浩
原案:ビートたけし
脚本:益子昌一、清水 浩 
出演:平岡祐太、三浦貴大・倉科カナ、中尾明慶、市川しんぺー、小倉久寛、池内博之、杉本哲太、ベンガル 他
配給:東京テアトル/オフィス北野

公式サイト:kidsreturn-saikai.com
公式Facebook:https://www.facebook.com/kidsreturn.saikai 
公式Twitter:https://twitter.com/saikaino_toki

(C)2013『キッズ・リターン 再会の時』製作委員会 




登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください