アニメ

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』 初日週末興行成績 洋画ランキングNo.1発進!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メイン-27766R.jpg




パラマウント ピクチャーズ配給、全世界57カ国で大ヒット中の『スター・トレック イントゥ・ダークネス』が夏休み映画大本命として、8月23日(金)に全国で公開され、週末興行では洋画興行収入ランキングNo.1発進で絶好調なスタートを切り、興行収入は累計4億1133万円、観客動員は285,531人を記録した。IMAXシアターでの鑑賞を待ち望んでいたファンが各地のIMAXシアターに殺到し、各回の完売が相次ぎ、IMAXでのシェアは13.3%と高い数字を記録。

先行公開に引き続き、映画の満足度も高く、「Yahoo!映画レビュー」では夏映画の競合「風立ちぬ」などを押さえ、<怒涛の迫力映像、満足の一本。><ぶっちぎり独走状態ともいえる迫力!>など絶賛され4.2点の満足度の最高得点を獲得。「映画.com」ではNo.1、「COCO」満足度93%、「Movie Walker」4.0ポイントの最高得点を獲得。「#スタトレ最高」をつけた2,511通を超える絶賛の熱いツイートが届いている。

【8月24日(土)&25日(日)興収詳細】
興行収入:197,134,700円
観客動員:134,262人

【8月25日(日)までの累計詳細】
累計興行収入: 411,335,300円
累計動員数:285,531人


『スター・トレック イントゥ・ダークネス』は公開当週には、NHKをはじめ民放各局で大特集の作品紹介が相次いで放送され、オンラインのパブリシティも400本以上の掲載があった。本日もベネディクト・カンバーバッチが“ニュースな人”として「AERA」の表紙を飾るなど、今週もJ.J.エイブラムス監督やキャストらのインタビューなどを取材した全国ネットのテレビ番組や雑誌の表紙、WEBなど大きく取り上げられる作品特集も決まっている。

監督・製作:J.J.エイブラムス
出演:クリス・パイン、ザッカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジョン・チョウ、サイモン・ペッグ、カール・アーバン、ピーター・ウェラーほか

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』
大ヒット上映中!









登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください